1. コミュニケーション
    2. 帰省時の義実家訪問!手土産は何がいい?渡すタイミングは?

    帰省時の義実家訪問!手土産は何がいい?渡すタイミングは?

    年末年始の予定はもう決まっていますか?結婚している方やお子さんのいる方は年末年始のお休みを利用して、家族で実家に帰省される人も多いのではないでしょうか。

    勿論お盆の帰省もそう。結婚すると田舎も2倍に。そうなると帰省回数も2倍。そんな時に一番気を遣うのは義実家への訪問。何かお土産を持って行った方がいいのか、持って行くならどんなもの?予算は?など多くの疑問が出てきそうです。

    そこで本記事では、義実家に訪問する際に持っていきたい手土産と渡すタイミングなどのマナーをご紹介します。

    手土産の予算は滞在日数や日頃会う頻度によって異なる

    帰省時に、義実家に宿泊する人もいれば半日だけ滞在する、一緒に外出するだけという人もいると思います。予算はお世話になる内容や日数によっても変わります。

    また比較的に近い場所に義実家があり、定期的に会うという方は高過ぎると逆に不自然かもしれません。年に1度会う程度で、義実家に滞在する場合は大体3,000~5,000円程度が良いのではないでしょうか。

    どんなもの?

    予算は決まったが何を渡していいか分からない、そろそろネタが尽きてきた…など人によっても悩みが異なると思います。

    そんな時に下記のバリエーションで手土産を選ぶとネタが尽きることもなくなるかもしれません。

    1:皆で食べられるもの

    • 取り寄せスイーツ
    • 限定もののお菓子
    • フルーツ盛り合わせ
    • おめでたい飾り付きやラッピングのお菓子 など

    義実家に滞在される方に特におすすめの手土産がみんなで食べられるものです。

    特に取り寄せスイーツ期間限定、地域限定のお菓子などは普段なかなか自分で買うことができない商品なので貰って喜ばれます。お正月用のおめでたい飾りが付いている物も手土産としてオススメです。

    また、年末年始の豪華な食事に飽きて甘い物が食べたくなる時なのでお菓子の他にフルーツなどもあると便利です。女性や子どもウケが良いのも魅力です。

    2:普段使える日持ちするもの

    • お茶・紅茶
    • コーヒー豆
    • 海苔
    • 調味料
    • 漬物
    • ジャム など

    年末年始の義実家には自分以外の兄弟・姉妹の家族も訪問している場合があります。このような場合は、お菓子類などすぐに食べなくていけないものの手土産が被った場合に処理が大変ということになりかねせん。

    そんなときは、日持ちする普段使えるものを選ぶと良いでしょう。そのためにも義実家が普段何を飲んでいるか?漬物は好きか?など知っておくと選ぶ際に役立ちます。

    3:その他

    • 相手の好きなもの
    • 手作りのもの など

    比較的頻繁に会う義実家への訪問時に向いています。毎回何か手土産を持って行っているとネタが尽きてきます。もういらないと言ってくれる義母・義父もいるかと思いますが、やはり何か持って行きたい!という方にオススメです。

    まず、相手の好きなものは義母・義父の趣味を知っている場合、例えば旅行の場合は旅行関連の書物や旅行券など、さらにお花が好きな場合は新年らしい花束を持って行くと喜ばれます。

    また手作りのものは、正月用のお料理やフラワーアレンジしたものを持って行くなどすると喜ばれると思います。

    渡すタイミングは?

    玄関で渡すのはNG

    ついつい忘れないうちにと早く渡したくなりますが、義実家訪問時のマナーとしては玄関での手土産の受け渡しはNGです。

    ただし大きなものやナマモノなどの場合は、玄関で手土産を紹介してどこに置くべきかを伺った方がよいでしょう。

    渡す際は一言添えて

    きちんと挨拶をして部屋に通された後に手土産を渡しましょう。渡す際は「〇〇がお好きだと聞いていたので」「評判の〇〇です」など一言添えましょう。

    相手を思って一生懸命選んだ気持ちや、どんなお土産なのか、なぜこれを選んだのかを伝えると良いと思います。

    手土産は風呂敷に包む?

    きちんとした家などでは、手土産も風呂敷に包んで渡すべきだという考え方がありますが、通常であればデパート等の紙袋に入れて持参するとよいでしょう。また手土産を渡すときは、必ず紙袋から出して渡しましょう

    手土産はアイスブレイク

    何かと気を遣ってしまう義実家の訪問。手土産をきっかけに会話が盛り上がることもあるので、選ぶ際はぜひ相手の好きなものや流行りのものなどを考えて選んでみましょう!

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人