\ フォローしてね /

暖色系のペンを使おう!人気絵師・路地子さんの「いきいきとしたカワイイ女の子」を描くコツ5つ

かわいい女の子を描きたい。それも、いきいきしている姿を描きたい!そんなとき、どんなことに注意すればいいのでしょうか。

イラストコミュニケーションサービス「pixiv」でも人気が高いイラストレーター・路地子さんの、かわいい女の子を描くときのコツを聞いてみました!

本記事は、2013年12月の取材情報をもとに執筆されたものです。

かわいい女の子を描くコツ

その1:顔周りに暖色系を使う

かわいい女の子のイラストを描くとき、ほんのり頬を赤らめるなど、血色がいい感じに描くのはもはや常套句。

路地子さんいわく、さらに顔周りを描く線も暖色系にするのがいいそうです。

「頬を赤らめているように塗るだけでなく、顔周りの線にも赤みがかった茶色などの暖色系を使います。肌の色になじませるようにすると、やわらかい印象になりますよ」(路地子)

その2:「くの字」を意識する

立っている姿だけでなく、座っている姿も描きたい!そんな時、どんなポイントに注意すればいいのでしょうか。

「どちらの場合も、腰あたりがくの字になるように描いてみてください。上半身を少し後ろに反らせたり、イラスト例のように横の角度から描いてみたり。くびれを強調できるような構図にすると、女の子らしい印象になります」(路地子)

その3:普段なら見えづらい部分をちらっと見せる

「チラ見せも効果的!」と路地子さん。

イラスト例では謎の手が登場していますが(笑)。洋服が風でなびいていたり、動きに合わせて「チラ見せ要素」を加えるのはかわいい効果をさらにアップさせますね!

ただし、やりすぎにはご注意を。

「ポイントは見えていてもいいけど、普段では見えづらそうな部分をちらっと見せるです。ちょっとしたセクシーさを出すようにしてみてくださいね」(路地子)

その4:小指だけ他の指とは違う動きをつける

「男性は女性の指先をわりとよく見ている」と多くの女性誌に書かれていますが、かわいい女の子のイラストに対しても同様のことが言えるようです。

たとえばアイドル風の女の子のがマイクを持っている時、あるいはマグカップなどを手にしているときなど。イラスト例のように小指に動きをつけるだけでも印象が変わります。

「小指だけ、他の指とは少し違う動きをつけましょうただし、ピン!と立ててしまうのではなく、ほんの少し浮かせるようにしてみてください。華奢な印象を作ることができます」(路地子)

その5:重力を意識せず好きなように動かしてみる

女の子といえば、スカートやリボン、毛先など「ひらひら要素」は欠かせませんよね。

風やキャラクター自身の動きなどに合わせて描くのもいいけれど、この際何も気にせず描いてみるのもいいようです。

「重力や風などを気にしすぎず、好きなように描くのも大事なポイントです。ひらひら要素が加わることで、全体的に華やかでかわいらしい雰囲気が出ますよ」(路地子)

いきいきとした女の子を描く上で大事なこと

いきいきとした女の子を描くには、描き手も楽しみながら描くことが大事!

「楽しい気持ちでうまく描けたらうれしいですよね。描くときのテンションを保持することはもちろん、『かわいい女の子を描いているぞ!』という気持ちで描き上げるようにしてください」(路地子)

おわりに

かわいいだけでなく、いきいきとした表情だと描かれた女の子の魅力もぐーんと良くなるというもの。

ご紹介したポイントをベースに、自分なりの「いきいきとした姿を描くポイント」を見つけてみるのもいいかもしれませんね。

(illust by 路地子)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。