1. 料理
    2. 子供っぽい味なんてとんでもない!簡単にできる本格的なナポリタンの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    子供っぽい味なんてとんでもない!簡単にできる本格的なナポリタンの作り方

    nanapi

    おせちは美味しいですが、毎日続くと無性にカレーやオムライスのような洋食が食べたくなるのは筆者だけでしょうか。そこでここでは、洋食の代表メニューの1つである、ナポリタンの作り方をご紹介します。

    子供にも食べやすいように、にんにくと唐辛子は使いません。トマトソースをベースにしているので、「子供っぽい味はちょっと……」という大人の方にも本格的なパスタの味を楽しんでもらえると思います。

    材料(1人分)

    • ソーセージ:1本
    • ピーマン:1個
    • 冷凍玉ねぎ:1/4個
    • ベーコン:適量
    • トマト缶:100g
    • ケチャップ:小さじ1/2
    • パスタ:100g
    • 胡椒:適宜
    • オリーブオイル:大さじ1
    • 塩:お湯1リットルに対して大さじ1
    ベーコンは味付け程度に使っています。無くても構いません。

    作り方(調理時間:10分)

    STEP1:材料を切る

    ピーマンは繊維を断つように細切りにします。

    ソーセージは輪切りにします。

    STEP2:ソーセージとベーコンを炒める

    温めたフライパンにオリーブオイル少々を入れ、弱めの中火でソーセージとベーコンに焼き目が付くまで炒めます。

    STEP3:玉ねぎを炒める

    あらかじめ切って冷凍しておいた玉ねぎを、解凍せずにそのままフライパンに入れ、中火で1~2分ほど、甘い匂いがしてくるまで炒めます。

    STEP4:パスタを茹で始める

    たっぷりのお湯に塩を入れ、パスタを茹で始めます。

    茹でる時間は、袋に書いてある時間より少し短めにします。1.6mm のパスタだと、袋には7分と書いてあることが多いと思いますが、6分20秒くらいが目安です。

    STEP5:トマト缶を入れて煮る

    トマト缶を入れ、中火で3分ほど煮詰めます。

    木べらでトマトをつぶすようにしながら、焦げ付かないようにときおり混ぜます。

    STEP6:ケチャップを入れる

    ケチャップを入れ、ざっと混ぜ合わせます。味を見て物足りないようであれば、胡椒で調整してください。

    パスタの茹であがりまで時間があるようなら、一旦、火を止めます。

    パスタと和えるときに塩味がついた茹で汁も入れるので、この時点では塩を足さないでください。

    STEP7:ピーマンとパスタの茹で汁を入れる

    パスタの茹であがり1分前に、パスタの茹で汁お玉1杯とピーマンを入れ、中火にかけながら混ぜ合わせます。

    STEP8:パスタを入れて和える

    火を弱火にして、茹であがったパスタを入れます。茹で汁お玉1杯を追加で入れ、オリーブオイルを軽く回しかけて、30秒ほど、ぐるぐると激しく和えます。

    STEP9:水分を飛ばす

    水分があらかた飛んで、ソースがとろっとしたら火を止めます。

    STEP10:完成!

    皿によそって、出来上がりです。お好みで粉チーズやパルメザンチーズをかけて召し上がってください。

    作り方のコツ

    玉ねぎをスライスして、冷凍しておく

    筆者は玉ねぎをスライスしたものを、フリーザバッグに入れて冷凍しています。

    調理で使うときには解凍せずにそのまま炒めます。こうすることで、細胞膜が壊れるために、炒める時間を短縮できます。

    生の玉ねぎを使用する場合、冷凍玉ねぎを使うより炒めるのに時間がかかります。

    カレーを作るときにも、玉ねぎをあめ色になるまで炒める時間をかなり短縮できるので、とても便利です。

    パスタを茹でるときには、塩をきちんと効かせる

    パスタを茹でるお湯には、しっかりと塩味を効かせてください。パスタにしっかりと塩味が付いていれば、ソースのほうに塩を入れる必要はありません。

    トマト缶を煮詰めるだけでも美味しいトマトソースのパスタになりますが、ケチャップを少量入れることでナポリタンらしい味に仕上がります。

    とても簡単にできる1品なので、試してみてください。

    (image by 筆者)
    (image by nanapi編集部)

    このライフレシピを書いた人

    Twitterで紹介!