1. 雑学
    2. いつ見たのが初夢?意外と知らない初夢の基礎知識

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    いつ見たのが初夢?意外と知らない初夢の基礎知識

    正月に見る夢は「初夢」であるとされ、一年の運勢を占ったりします。もちろん幸先良く幸せな夢が見られたら、一年間幸せに過ごせそうですね。

    初夢に関連して「一富士二鷹三茄子」という言葉を知っていますか。これらは初夢に見るとよいとされるものですが、由来など詳しいことを知っていますか。

    そこで今回は、意外と詳しく知られていない「初夢」の基礎知識を紹介します。

    いつ見る夢が初夢?

    「初夢」といいますが、実際にいつ見た夢が初夢なのでしょうか。言葉通りに、一年の最初に見た夢が「初夢」とならないことが多いようです。一般的には、1月1日の夜から1月2日の朝にかけて見た夢が初夢と言われるそうです。

    大晦日から元旦にかけて見た夢を「初夢」と読んでいる人も多いようですが、徹夜などをして年越し前後に眠らない風習ができたことから、この時間の夢を初夢と呼ばないようになったようです。

    初夢にはいくつもの説があり、今回紹介したのはそのうちの一つです。

    一富士二鷹三茄子とは

    よく初夢で言われる「一富士二鷹三茄子」の意味を知っていますか。これは、初夢に見ると縁起がよいと言われるものです。

    • 一富士:富士山
    • 二鷹(たか):鳥の鷹
    • 三茄子(なすび):野菜のナス

    一富士二鷹三茄子の由来

    これらの由来は幾つもあるとされています。そのなかの一部を紹介します。

    • 徳川家康の好きなものを並べた
    • 徳川家の地であった駿河国で値段の高いもの
    • 「無事」「高い」「為す」の語呂合わせ
    • 「日本一(の山)」「賢くて強い(鳥)」「物事を為す」の意味付け
    • 「日本一」を「掴み取る」ことを「為す」

    続きがあった

    一富士二鷹三茄子には四以降の続きがあると言われています。「四扇五煙草六座頭(しせんごたばころくざとう)」と続きます。

    • 四扇:扇子(せんす)「末広がり」
    • 五煙草:タバコ「煙が上がることから、運気上昇」
    • 六座頭:琵琶法師の通称「坊主から、怪我なし」

    センスやタバコなど、少し夢に見る確率は高くなったでしょうか。これらも意識しておけば、縁起の良さを実感できるかもしれません。

    良い夢を見るために

    では、一富士二鷹三茄子のような縁起の良い夢を見るにはどうしたらいいでしょうか。風習として行われていることや、近年おまじないとして行われていることなど紹介します。

    宝船の絵を枕の下に

    良い夢を見るには、七福神が乗った宝船の絵に「なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな(長き夜の 遠の眠りの 皆目覚め 波乗り船の 音の良きかな)」という回文を書いたものを枕の下に入れて眠ると良いとされています。

    枕の下に見たい夢の写真を

    心理学の世界では、夢は思考の延長であると考えられています。そこで、見たい夢に関する写真や絵を、枕の下に入れておくとその夢が見られると言われています。

    これは、寝る直前まで意識しておくことで、その延長である夢にも現れるのではないかという方法です。

    睡眠環境を良くしておく

    風邪などをひいている時に、苦しい夢を見た経験はありませんか。人間は身体的に苦しい状態にあると、それが夢に反映されると言われています。

    そのため、「暑すぎる」「寒すぎる」「布団が重すぎる」など悪い睡眠環境だと、良い夢は見づらくなってしまうのです。

    昼寝をする

    夢は寝ている間、ほとんどの時間で見ていると言われます。しかし、目覚めて覚えているのはほとんどが「レム睡眠」のときの夢だそうです。

    レム睡眠は眠りが浅い状態のこと。昼寝をして睡眠リズムを狂わせると見た夢を覚えたまま起きやすくなるのです。

    「夢の門」をイメージする

    二本の柱をイメージして、その間でしゃがんでいることを想像します。そして、眠りに落ちる直前に立ち上がって、「夢の世界」に飛び込むことをイメージすると、夢を見やすくなるという方法もあります。

    おわりに

    一富士二鷹三茄子の初夢の基礎知識と、初夢で良い夢を見る方法を紹介しました。一年のスタートに見る夢、せっかくだから縁起のいいものを見たいものですね。

    Twitterで紹介!

    (image by amanaimages 1 2 3 4)

    このライフレシピを書いた人