\ フォローしてね /

焼かないで作れるケーキ!ビスケットで「ブッシュ・ド・ノエル」のつくり方

nanapi
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapinanapi
ここがおすすめ
かかる手間
Image cooktime02
食べられるまで
90
(冷やす時間を含む)

編集部からのポイント

  • オーブン不要

    オーブンが普及していない時代に家庭で考案されたアイディア

  • 特別な道具なし

    牛乳とビスケットとホイップクリームだけでケーキが作れる

  • 工作感覚で楽しめる

    焼く工程がないので小さな子どもでも工作感覚でつくれる

  • このビスケットを使ったケーキは、オーブンがあまり普及していない昭和時代によく家庭で作られ、黒柳徹子さんがテレビ番組で紹介したことでも知られています。
     
    黒柳徹子さんのレシピでは、泡立てた生クリームとチョコレートソースを合わせてチョコクリームを作っていましたが、市販のチョコホイップを使えばより簡単に作ることができますよ!

    材料(2人分)

    • ビスケット:12枚(ビスケットを増やすと大きいものができます)
    • 牛乳:50ml
    • 市販のチョコホイップ:1個
    • ココアパウダー(デコレーション用):適量

    ビスケットは「マリービスケット」や「かーさんケット」のような、小さな穴の開いた歯ごたえのあるハードビスケットが適しています。

    白いホイップクリームを使っても可愛い
    チョコホイップでなくても、普通の白いホイップクリームを使って粉糖をかければ、白樺のようなブッシュドノエルができます。

    道具

    • パレットナイフ

    パレットナイフがない場合は包丁でも代用できます。

    ブッシュ・ド・ノエルの作り方

    1ビスケットを浸す

    • ビスケットをまんべんなく2秒くらい牛乳に浸す
    浸しすぎると食感が悪くなる
    長く浸すとビスケットが牛乳を吸いすぎてベチャベチャになってしまいます。全体に牛乳がついたらすぐに取り出しましょう。

    2ビスケットを重ねる

    • ビスケットの間にクリームを絞りながら重ねていく

    3クリームを塗る

    • 重ねたビスケットの周囲を覆うようにクリームを塗る

    あとでキレイにならすので、上手く塗れなくても大丈夫です!

    4冷蔵庫で冷やす

    • ラップをかけて冷蔵庫で1時間以上冷やす

    1時間以上冷やすことで、ビスケットにクリームがなじみます。

    5形を整えて飾りつけたら完成!

    • クリームの表面をパレットナイフでならし、フォークで線をつける
    • 両端も平らにならし、箸でうずまき模様をつける
    • ココアパウダーを茶こしでふり落としたら出来上がり

    クリスマス風の飾りをつければ、よりブッシュドノエル風になりますよ。

    おすすめアレンジ方法

    ティラミス風

    ビスケットを浸す牛乳をエスプレッソに変えて、マスカルポーネと砂糖を混ぜたものを間に挟めばティラミス風にもなります。

    大人の洋酒風味

    ビスケットを浸す牛乳に洋酒を加えると、ほんのりお酒風味にできます。洋酒漬けのドライフルーツをのせてもいいですね。

    レシピ製作者:yurie

    "どうしたら美味しい料理を自宅で手軽に作れるか"を考え、実践していくことがライフワーク。
    食に関する資格:食生活指導士(女子栄養大学)、料理検定1級(大阪あべの辻調理師専門学校料理検定委員会)、菓子検定2級(大阪あべの辻調理師専門学校料理検定委員会)、ベジタブル&フルーツマイスターセミナー受講(日本野菜ソムリエ協会)など。

    このライフレシピを書いた人

    Twitterで紹介!

    Banner line

    編集部にリクエスト!

    「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。