\ フォローしてね /

焼かないで作れるケーキ!ビスケットで「ブッシュドノエル」のつくり方

ぶきっちょさんでも簡単にできるブッシュドノエルです。手軽さの秘訣は、市販のビスケットを使うこと。牛乳にひたしてクリームを塗ったビスケットは、簡単なのにしっとりしていて想像以上の美味しさです。小さめのサイズでとってもキュート!火を使わないので、お子様と一緒に作っても楽しいですよ。
nanapi
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapinanapi
  • ここがオススメ!

    オーブンがなくても製菓材料や道具がなくても、市販の材料3つでケーキがつくれちゃう!

  • こんなときに!

    ケーキ作りの楽しいとこだけ、工作感覚でできるので、恋人や子どもと一緒に作って、笑顔の思い出作りに!

このライフレシピのもくじたたむ
このビスケットを使ったケーキは、オーブンがあまり普及していない昭和時代によく家庭で作られ、黒柳徹子さんがTV番組で紹介したことでもよく知られています。いま作っても身近な材料で簡単に完成するのでオススメです。
 
黒柳徹子さんのレシピでは、泡立てた生クリームとチョコレートソースを合わせてチョコクリームを作っていましたが、市販のチョコホイップを使えばより簡単に作ることができますよ!

材料(2人分)

  • ビスケット:12枚
  • 牛乳:50ml
  • 市販のチョコホイップ:1個
  • ココア:適量
ビスケットはマリービスケットやかーさんケットのようなシンプルなものが良いでしょう。

作り方

STEP1:ビスケットを浸す

ビスケットをまんべんなく牛乳に浸します。

STEP2:ビスケットを重ねる

ビスケットの間にクリームを絞りながら重ねていきます。

STEP3:クリームを塗る

重ねたビスケットの周囲を覆うようにクリームを塗ります。

あとでキレイにするので、上手く塗れなくても大丈夫!

STEP4:冷蔵庫で冷やす

ラップをして1時間以上、冷蔵庫で冷やします。

STEP5:形を整えて飾りつけしたら完成

冷蔵庫で冷やしてクリームがなじんだら、クリームの表面をならし、フォークで線をつけます。両端は箸などでうずまき模様をつけるとより本格的に。

最後にココアを上から茶こしでふり落としたら出来上がりです。

クリスマス風の飾りをつけたら、よりブッシュドノエル風になります。

作り方のコツ

今回は2人分なのでビスケット12枚で作りましたが、ビスケットを増やせば大人数でも対応可能です。

チョコホイップでなくても、普通の白いホイップクリームを使って粉糖をかければ、白樺のようなブッシュドノエルができます。

また、ビスケットを浸す牛乳をエスプレッソに変えて、マスカルポーネと砂糖を混ぜたものを間に挟めばティラミス風にもなります。

上にフルーツを乗せたり、牛乳に洋酒を加えたり、お好みで工夫をして楽しんでみてください。

Twitterで紹介!

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。