\ フォローしてね /

フワッと可愛い!簡単フリルのマフラーの編み方

著者の編み物歴は小学生の高学年から始めていて、マフラーやセーターやベスト等をよく編みます。

ここではユニークな幅広の「テープヤーン」という毛糸を使って、簡単にできる可愛いフリルのマフラーを編む方法を紹介します。

用意するもの

  • かぎ針5.5mm
  • 毛糸100gを1玉(RED HEART Sashay LW2517米国で購入)
  • はさみ
  • 輪ゴム(かぎ針の端につけ、毛糸が滑り落ちないように使います)
著者は毛玉のテープヤーンを実際に130cm使っています。

テープヤーン

ここで使う「テープヤーン」は上が細かい編み目に下がラメ入りの飾りになっている物です。広げると約6cmくらいの幅になります。

以下の物が同じ様な毛糸です。ぱっと見た目は、りぼんやレースのようですが広げるとネットのようになっています。

編み図

フリルを50個作るとおよそ130cm位の長さになります。

横(約8cm)は8目で、こちらは1目ごとにスキップして8目ひろいます。

手順

STEP1:毛糸を巻き直す

リボン状になっている毛糸を広げて巻き直し編み易くします。

STEP2:目をかぎ針でひろう

毛糸を広げてください。上図の1、2、3を参考に右から左へ編んでいきます。

まず、編み目が厚くなっていて、ラメがついている方を下にして、上の目のみを編みます。端から2目はスキップして3目から目をひろいます。

3目を針先を向こう側から入れて手前に出します。裏から針を入れてすくい、1目ごとにスキップして8目ひろいます。

ラメがついている方を下にするのはこの毛糸に関してのみです。ご使用の毛糸の種類によって完成品をイメージしながら作り分けてください。

STEP3:引き抜く

最後にひろった1目をかぎ針に引っ掛けて、他の目(上記の写真の7目)の中を通して抜きます。

これでひとつのフリルになります。

STEP4:7目ひろう

2つめのフリルからは、1目ずつ飛ばして7目ひろいます。かぎ針を裏から入れて目をすくいます。

7目ひろう時は毎回1目ずつ飛ばしてひろっていくのです。

STEP5:引き抜く

STEP4と同じようにして糸を引き抜きます。後はSTEP5、6と同じように、目をひろって引き抜くを繰り返してお好みの長さに編みます。

目安50個のフリルでおよそ130cmくらいに仕上がります。

STEP6:最後は結ぶ

2目先をカットします。最後に編んだ目から数えた2目先です。最後の目に端の毛糸をリボン状に細くして通して結びます。これで終了です。

端はフリルに隠れるのでこのままで大丈夫です。

完成

とても簡単で2時間程で編めますが、フワッとした可愛いマフラーに仕上がります。長さはおよそ130cmです。

上手に編むコツ

編み始める前に毛糸を広げて巻き直すと捻れて目を見落とさずに、綺麗に編み易くなります。

糸を引き抜く時に目をしっかり揃えて左手で押さえながら、引き抜くと綺麗に引き抜けます。

おわりに

いかがでしたか。とても簡単で短時間に編めるのに仕上がりはフワフワの可愛いマフラーになります。プレゼントなどにもお勧めですよ。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。