\ フォローしてね /

普段の炒飯に飽きてきたら!簡単に作れるスープ炒飯

とても簡単な中華スープをかけた炒飯です。片栗粉を入れればあんかけ炒飯となりますが、ここでは、片栗粉を使わないあっさりとしたさらさらのスープかけ炒飯をご紹介します。

材料(1人分)

  • ご飯・・・茶わん1杯
  • 卵・・・1個
  • むき海老 ・・・適宜
  • ねぎ・・・適宜
  • 炒め油・・・大さじ1~1.5
  • 鶏がらスープの素・・・炒飯用、スープ用各小さじ1
  • 紅しょうが・・・お好みで
  • 青のり・・・お好みで

作り方(調理時間:15分)

STEP1:卵とご飯を合わせます

ご飯が熱かったら少し冷まし、卵を割り入れてよく混ぜ合わせておきます。卵がご飯粒を包むようによく混ぜ合わせてください。

STEP2:エビを炒めます

フライパンに油を熱し、エビを入れます。炒め油は、サラダオイルでも、ごま油でも構いません。油が跳ねるので、えびの水分はキッチンペーパーなどでよく拭き取ったほうがいいです。強火で30秒くらい炒めます。

この時、ひと手間を加えるとよりおいしくなります。油を熱するとき、ニンニクやしょうがをみじん切りにして一緒に炒めたり、えびに酒、しょうゆで下味をつけ片栗粉をまぶしておくことで、ぐっとうまみが増します。時間があるときにはぜひお試しください。

STEP3:ご飯を入れます

エビを炒めたフライパンにご飯を入れます。強火で一気に2~3分炒めると卵に火が通りご飯がほぐれてくるのがわかります。このとき卵が焦げないように注意してください。

ご飯がぱらぱらっとしてくるのが炒めている手の感覚や、目で見てもわかりますので、ぱらぱらしてきたら鶏がらスープの素を振り入れ味付けをします。

鶏がらスープの素はメーカーによって多くの種類があり、それぞれ使う量が違いますので、お持ちのものの分量をご確認ください。筆者は、味覇(ウェイパァー)もよく使います。味覇は鶏がらだけでなく豚骨や野菜エキスとスパイス等も入っていますが、失敗なく使える中華の万能調味料です。

STEP4:ネギを入れます

さらにネギを入れて炒めます。ここでは、ネギが全体にさっと混ざるくらいで大丈夫です。

STEP5:ぱらぱらに炒めます

強火でさっと1分くらい炒めると、ご飯とネギがぱらぱらになるのがわかります。炒飯はこれで完成なので、火を止めます。

STEP6:スープを作ります

150mlの水に分量の鶏がらスープの素を入れて、ひと煮立ちさせます。

STEP7:盛り付けます

小さめの容器(写真は離乳食用の茶碗)にギュッとご飯を詰め込みます。山盛りになっていても、お皿に押しつけるので構いません。

お皿に容器を逆さにして押し付け、容器を取る前に横からスープをそっと流し入れます。容器を取って上からスープをかけるとご飯が崩れます。

STEP8:完成です

紅しょうがや青のりを乗せるときれいに仕上がります。アレンジレシピとしてゴマを振り入れたり、えびを鶏肉やちくわに変えても美味しくできます。工夫していろいろな炒飯を作ってみるのも楽しいと思います。

作り方のコツ・注意点

炒飯と中華スープは、かなりあっさりしていてお茶漬けのような感覚で食べられます。しかし炒飯にもスープにも鶏がらスープを使うので、塩分のとりすぎになってしまいますから濃いめの味付けにならなようにお気をつけください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。