\ フォローしてね /

赤ちゃん連れ海外旅行。グアムのホテルの選び方

このライフレシピのもくじたたむ

赤ちゃん連れ海外旅行デビュー地として人気のグアム。短時間のフライト、たった1時間の時差、そして日本語が使えることが大きなの魅力です。

グアムには有名なホテルが沢山あるので、どのホテルにしようか迷っている方も多いのではないでしょうか。「赤ちゃん・幼児連れ」という観点からみたホテルの選び方をご紹介します。

「過ごし方」で滞在ホテルを決める方法

ショッピング、観光、ゴルフ、ビーチ、プール、リラクゼーション…etc.

グアムに行かれる目的は、人それぞれだと思います。グアムはとってもコンパクトな観光地なので、どのホテルに泊まっても立地的に大きなハズレはありません。

また、他のリゾート地に比べて圧倒的に家族連れの比率が高いので、ベビー設備にもそこまで差はありません。とすれば「お値段」と「過ごし方」によってホテルを決めるのがもっともスマートな方法といえます。

とにかく時間を見つけてショッピングに行きたい!という方

パパ&赤ちゃんがホテルで休んでいる間にブランドショッピングに行きたい!というママも多いのではないでしょうか?そんな方にお勧めなのは、中心部にあるショッピング施設に直結しているホテル。

トロリーバスを使わずに、徒歩で行き来できる近さが魅力です。沢山ショッピングをしても、気軽に部屋に荷物を置きに帰ることができるのも魅力です。

アウトリガーグアム:GUCCIやCoachが入るthe Plazaに直結。DFSも正面。
グアムプラザ:DIESELやクロエの取り扱いがあるJPスーパーストアに直結。DFSもすぐ隣。

子供を保護者なしでホテルの客室に残すことは違法です!グアムの法律では12才以下の子供を保護者無しで客室に残すと児童虐待とみなされ処罰対象になります。どんな短時間であっても絶対にやめましょう。

ビーチでのんびり過ごしたいという方

赤ちゃん&ビーチグッズや着替えを抱えて街中を歩き回るのは大変です。ビーチに頻繁に行きたいという方は、ビーチに直結しているホテルを選びましょう。ちょっと疲れた時にもすぐにホテルで休憩できるので便利です。

暮らすようにグアム滞在を楽しみたい方

旅行中でもお料理をしながらのんびりと自宅感覚で滞在を楽しみたい方にはコンドミニアムの利用がおススメです。中心部から車で30~45分の距離にあるレオパレスリゾートには、赤ちゃん連れ専用のコンドミニアムもあり、まさに別荘感覚でグアムを楽しみたい方向け。

そのほか、オーシャンビューホテル&レジデンス、アルパンビーチタワー、ガーデンヴィラなどのコンドミニアムがあります。

ウェディングに参列される方

何かと慌ただしいのがウェディング。そして、折角お洒落に着飾っても、ちょっと移動するだけで汗ダクになってしまうのがグアム。忘れものの可能性や荷物が多い赤ちゃん連れの場合はなおさらです。

精神的にも物理的にも余裕をもって、リラックスして式に参加できるよう、式を挙げるホテルに滞在されることをお勧めします。

0歳児から対応可能の託児所を活用したい方

各ホテルが主催する「キッズプログラム」の参加可能年齢は5歳からのところが大半です。そんな中、0歳児からの一時預かりに対応している託児所が、ウェスティンホテルの中にあるハーモニーキッズ。

グアム政府に認可されている託児所で、日本人の先生もいらっしゃるので心強いですね。もちろん、宿泊客以外の利用も可能ですが、宿泊客には割引があるので、あらかじめ託児所を利用する予定の方はこちらがお勧めです。

とにかく心配!病院の近くのホテルがいいという方

中心部からはやや離れますが、ヒルトンホテル内にはグアムで唯一日本人医師が常駐している「日本旅行者クリニック」という施設があります。先生のご専門や診療対応項目などについては公式ホームページをご参照ください。

医療費がとても高いアメリカ。海外旅行障害保険に加入していない場合、ちょっとした診察で数万円以上かかってしまうことがあります。環境の変化で体調を崩しやすい赤ちゃん連れの場合は、海外旅行傷害保険に加入することをお勧めします。

そのほかファミリーに人気のホテル

グアムのホテルはどこも家族連れが多いですが、特にパシフィックアイランドクラブグアム(PIC)、オンワードビーチリゾート、ニッコーグアム、ウェスティン、アウトリガーグアムなどは特にファミリーに人気のようなです。

こちらもチェック! GUAM | ベビトリップ!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。