1. 趣味
    2. 格安ツアーで失敗した!そんなことのないように格安ツアーを選ぶ際に確認したいポイント

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    格安ツアーで失敗した!そんなことのないように格安ツアーを選ぶ際に確認したいポイント

    心も体も開放的にリフレッシュさせてくれる旅行。ふとどこかに行きたいなと旅行の計画を立てたくなる時がありませんか?

    旅行は交通費・宿泊費・現地での食事や観光などで意外と多くのお金がかかります。旅行代理店が企画するツアーは安いものもたくさんあり、ふらっと旅行に行きたいなという人の強い味方になります。

    しかし、本当にお得に行けているのかな?と不安になる人もいるのではないでしょうか?そこで本記事ではそんな格安ツアーの失敗談を元に事前にチェックしたいポイントについてご紹介します。

    1:航空便について

    格安ツアーでは、航空会社が事前に選べないものがあります。旅行の申し込みをして入金した後に日程表が届き、いざ内容を見ると機内泊だった!直行便ではなく乗り継ぎ便だった!というケースがあります。

    筆者も格安ツアーでヨーロッパ7日間の旅行を申し込んだ際、行き帰りは機内泊でさらに乗り継ぎ便で次のフライトが8時間後という過酷なツアーにあたりました。

    待ち時間を利用して出国することもできず、ひたすら空港で次の飛行機を待ちました。結局目的地に着いたのは夜で実質自由に観光できたのは3.5日間ほど。そんなことから、格安ツアーで注意したいのは下記のポイントです。

    事前にチェックしたいポイント

    • 事前にフライト時間が決まっているものか?
    • フライト時間が指定できるものか?
    • 直行便か?
    • 乗り継ぎの場合、乗り継ぎ時の待ち時間は短いか?
    観光時間をきちんと確保したい!という方は、できる範囲で予算アップをしてフライト指定をすると良いと思います。

    2:ホテルについて

    格安ツアーはホテルのクラスがスタンダードのところが多いです。ホテルの環境が少し落ちる、環境が良くても主要駅から遠いなどの場合があります。また食事無しのホテルも多いです。

    日本国内や欧米への旅行は、とくに寝られれば問題ない!という人にはスタンダードクラスでも問題ないと思いますが、気をつけておきたいのは東南アジアなどのホテルのランクによってインフラ面の条件が大きく変わってしまう場所です。

    筆者が過去に経験したことがある東南アジアの格安ツアーでは、ツアー会社が手配したホテルだから安心だろうと特にランクアップをしていなかったのですが、いざ行ってみると空調が使えないお湯が使えない部屋のカギが掛からないなど少し過ごすには過酷なホテルでした。また日本語や英語が話せるスタッフも少く対応してもらえないこともありました。

    事前にチェックしたいポイント

    • 食事の有無
    • 主要駅からのアクセス
    • インフラ面(事前にレビューなどをチェック)
    • 日本語・英語対応のスタッフの有無
    事前にホテルのサイトや口コミを確認しておき、不安になるようであればランクアップした方が無難です。

    3:オプショナルツアーについて

    格安ツアーはフリープランのものが多いので、オプションにて観光プランを申し込むことができます。

    このオプショナルツアーと言われる観光プランも内容によっては、興味のないお土産店ばかり連れて行かれた食事が付いていなかった・弾丸過ぎてお目当ての場所の観光時間が少なかった・別の団体と一緒にされたなど、残念に思ってしまうことがあります。

    特にそのようなことが気にならない人は問題ないのですが、行きたい場所や予算にこだわりがある人は、ぜひ下記ポイントをチェックしたいですね。

    事前にチェックしたいポイント

    • ツアーの内容
    • ツアーのスケジュール
    • 食事の有無
    • お土産店めぐり
    • 別の団体と一緒になるか?
    • 外国の場合、日本語対応か?
    オプショナルツアーは事前に旅行会社で申し込む方法と、現地で申し込む方法があります。予算面では現地申込みの方がお得な場合が多いですが、日本語対応が弱いこともあります。

    おわりに

    格安ツアーには必ず安い理由があるので、それがどんなところなのか見極められるようになると、これからのツアー選びがもっとお得で楽しいものになると思います!

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人