\ フォローしてね /

大切なMy自転車!革サドルお手入れの作法

このライフレシピのもくじたたむ

自転車も、最近は、自分の好きなパーツを選んで組み立てる人が増えています。ちなみに著者の愛車は、ここ6年ほど、ご覧のように革サドルです。というわけで、メンテナンスもちょっとこだわっています。

用意するもの

  • 1. サドルクリーム
  • 2. ウエス(クリーム拭き用の布)
  • 3. 手拭き用の布(着なくなったTシャツの端切れなどでOK)
1、2はなるべくサドルメーカー指定のものを。

手順

STEP1

目で見える大きな汚れを軽く拭き取った後、指先でクリームを少しずつ取り、サドルにまんべんなく付けます。

STEP2

クリームを付け終わったら、手のひらで引き伸ばすように塗っていきます。

クリームを付けるのも塗るのも、直接、指先や手の平で。その方がより早く均一に塗られ、しかも布に付けて塗るよりクリームの節約になります。

STEP3

クリームが染み込むまで少し時間を置いたら、ウエスで丁寧にサドル表面を拭いて、出来上がりです。

まとめ

ちなみに、著者の場合、年2回(6月、12月頃)をめどに手入れをしています。また、駐輪場ではご覧のようにレジ袋などを利用して、しっかりカバーしています。もちろん、専用カバーなどがあれば、そのほうがベターですよね。

革サドルは、硬すぎず軟らかすぎず、著者にはほどよい乗り心地です。初期費用はかかりますが、手入れさえきちんとすれば持ちも長いので、結構経済的かも。この先ずっと付き合いが長くなりそうです。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

ライフレシピをさがす

タグからさがす

    編集部にリクエスト!

    「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。