\ フォローしてね /

貯金ができないあなたに!ゼロからはじめるお手軽貯金術

皆さんは貯金をしていますか?大多数の人がはいと答えるであろうこの質問ですが、中には一瞬ヒヤッとした方もいるのではないでしょうか。先の見えないこのご時世、貯金しておかないとヤバイ!と感じつつも未だに貯金ゼロ……なんて方もいますよね。

本記事では貯金ができない人のために、ゼロから始める貯金術をご紹介致します。

貯金をするための4つの準備

1:目標額を決める

貯金をする際に一番重要なのは、目標額を決めることだと言っても過言ではありません。ただ漠然と貯金をしていても途中で挫折する可能性が高くなります。「絶対に〇〇円貯める!」と気合を入れるためにも目標額の決定は重要です。

いきなり高額を目指さず、10万円前後からスタートしましょう。「〇〇貯金」というように、なんのための貯金なのかをはっきりさせておくとさらにいいでしょう。

2:貯金用口座を作る

貯金専用の口座を作りましょう。一つの口座でお金が出たり入ったりすると、金額を把握するのが面倒ですし、貯金ではなく「使えるお金」という認識になってしまいます。貯金用の口座は、入金専用にして決して引き出さないくらいの気持ちが必要です。

貯金口座用のキャッシュカードは持ち歩かないようにしましょう。

3:月々の貯金額を決める

貯金額を決めずに、余ったら貯金するという甘い考えでは結局全て使い切ってしまいます。ひと月にいくら貯金するのかしっかり決めておきましょう。

給与が振り込まれたらすぐに貯金しましょう。月々の貯金額以外に余ったお金も貯金に回しましょう。

月々の貯金額は無理のない金額に!

4:貯金箱を用意する

上で決めた月々の貯金額のほかに、小銭などを少しずつ貯めていきましょう。貯金箱は中身が見えず、簡単に開けられないものを選びましょう。

貯金の基本

一番最初に貯金する

自分で決めた月々の貯金額は、給与が振り込まれたらすぐに貯金用口座に入れてしまいましょう。何度も言いますが、「余ったら貯金」という考えでは絶対貯金はできません。

家計簿をつける

貯金額を増やすには、まず支出を減らすことです。一体自分が月々いくら使っているのか、無駄遣いはないか、削れる出費はないかなどをしっかり把握するためにも家計簿は必ずつけましょう。

お手軽貯金術

つもり貯金

何かを買いたいと思ってそれを我慢したとき、その金額を「使ったつもり」で貯金していくというもの。ランチを食べたつもり、カフェに寄ったつもり、化粧品を買ったつもりなど、日々の生活の中でなんとなく我慢して浮いた金額を貯金に回しましょう。

何を我慢したのかしっかりメモをとっておきましょう。

500円玉貯金

とにかく500円玉を貯めていくという貯金術です。お釣りで500円玉をもらったら使わずに貯金箱に入れましょう。

あえて500円玉でお釣りが来るよう代金を支払いましょう。

小銭貯金

500円玉貯金と似ていますが、財布の中の小銭をすべて貯金に回すというものです。お財布も重くならないので一石二鳥です。

財布の中の小銭は毎日貯金箱にうつしましょう。

貯金を続けるポイント

無理をしない

目標額や月々の貯金額などを自分のできる範囲で決めることが重要です。そのためにも、初めの1~2か月は家計簿をつけるだけにして、自分が一体いくら使っているのかを把握しましょう。

たまに自分を甘やかす

貯金をしているからといって、常に節約した生活を送っていると疲れてしまいます。たまに贅沢をして自分を甘やかしてあげることも必要です。

おわりに

貯金は時間をかけて少しずつ増やしていくのが基本です。焦らずゆっくりやっていきましょう。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。