\ フォローしてね /

さっぱりおいしい!翌日も楽しめる「みぞれおでん」の作り方

いつものおでんに大根おろしを加えてさっぱりと仕上げる「みぞれおでん」の作り方をご紹介します。

大根おろしのさっぱりした風味を生かすため、大根おろしを入れるタイミングが重要です。

材料(4人分)

具材

  • 大根・・・1本
  • 練り物(ちくわ、天ぷら、がんもどき、はんぺんなど)・・・約400~500グラム
  • じゃがいも・・・3~4個
  • ウインナー・・・4~8本
  • 牛スジ・・・4~8本
  • こんにゃく・・・1丁
  • 卵・・・4個

だし汁

  • 水・・・1500cc
  • 白だし・・・大さじ4
  • 醤油・・・大さじ5
  • 酒・・・大さじ2
  • 塩・・・小さじ1~2
具材の種類や量はお好みで調整してください。

作り方(調理時間:90分)

STEP1:茹で卵を作る

小鍋に卵と水を入れて火にかけ、沸騰してから弱火で8分程茹でます。でき上がったら、殻を剥いておきます。

STEP2:こんにゃくを下茹でする

こんにゃくは1~2cmの厚さに切り、沸騰したお湯で2~3分茹でて臭みをとります。

STEP3:大根を切ってすりおろす

大根の2/3を1~2cm幅の輪切りにし、残りの1/3をすりおろしておきます。

STEP4:じゃがいもを水にさらす

じゃがいもは皮を剥いて一口大に切り、3分くらい水に浸しておきます。

STEP5:練り物を切る

練り物は食べやすい大きさに切ります。

STEP6:だし汁を作る

鍋にだし汁の材料を全て入れて混ぜ合わせます。

塩の量は、味の濃さを見ながら加減してください。

STEP7:材料を入れて煮込む

鍋にはんぺんと牛スジ以外の具材を全て入れます。蓋をして、初めは強火で温め沸騰してきたら弱火で30分程煮込みます。

30分煮込んだところで、はんぺんと牛スジも加えて、さらに弱火で30分煮込みます。

STEP8:冷ます

1時間程煮込んだところで火を止めて、そのまま冷ましておきます。

大根おろしを加えて完成!

冷えたおでんを再度温め、食べる直前に大根おろしを加えたら完成です。

作り方のコツ

煮込んだ後に一度冷ますことで、具材に味がしみ込みやすくなります。

大根おろしのさっぱりした風味を味わうため、必ず食べる直前に入れてください。もしくは、少しずつ大根おろしを加えながら食べてください。

さいごに

朝のうちに煮込んでおいて、夜に温めて食べると味がしみておいしいおでんが食べられます。

おでんを食べ終わった後のだし汁にはうどんや蕎麦を入れて、みぞれうどんやみぞれ蕎麦として楽しめます。ぜひお試しください。

Twitterで紹介!

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。