\ フォローしてね /

柔らかくて美味しい!豚串入りおでんの作り方

体が温まるおでんは、寒い日には嬉しいですね。最近のおでん種は色々な種類のものが増えて、どれを食べようかとっても悩むこともあります。

我が家では、豚串を入れたおでんが人気です。ゆっくり煮込むので、出来上がる頃には柔らかなお肉に大変身します!ここでは、豚串入りおでんの作り方をご紹介します。

材料(5人分)

おでんの具材

  • 大根…1/2本
  • ゆで卵…5個
  • おでんのセット袋(竹輪・さつま揚げ・がんもどき等)…1袋
  • 縛り白滝…1パック
  • 豚バラスライス…250~300g
  • 竹串…豚肉の量にあわせるここでは10本使用
  • こんにゃく・・・1枚

調味料

  • 水…1000cc
  • 白ダシ…10cc
  • みりん…30cc
  • しょうゆ…30cc

作り方(調理時間:30~40分+煮込み時間:30~40分)

STEP1:大根を切る

大根は幅2~3cmに切り、皮をむき、面取りします。下ごしらえとして、ゆでこぼしをしてください。

ゆでこぼしのやり方は「大根でゆでこぼしをする方法」をご覧ください。

STEP2:練り物の油抜きをする

ザルの下に鍋やボウルを置き、ザルの中に練り物を入れます。やかんや鍋で湯を沸かし、沸騰したら湯を練り物全体にかけます。

30秒ほど経ったら練り物を裏返し、また30秒ほど待ちます。30秒程経ったらザルを持ちあげ、湯を切ります。

油ぬきの詳しいやり方は「がんもどきの油抜きの方法」を参考にご覧ください。

STEP3:こんにゃくの下ごしらえをする

鍋に湯を沸かし、こんにゃくを入れ、中火で2~3分ゆでで水気を切ります。

味が染み込みやすいように5mm間隔に斜めの切り目を入れ、三角系に切りましょう。

STEP4:白滝を下ごしらえする

鍋に湯を沸かし、縛り白滝を入れ、中火で2~3分ゆでで水気を切ります。

STEP5:豚串を作る

豚バラブロックは厚さ1cmに切り、更に半分に切ります。竹串を用意し、切った肉を2~3個串に刺しましょう。

STEP6:だし汁を作る

だし汁を作ります。鍋に水・白ダシ・みりん・醤油を加え、中火にかけて沸騰するのを待ちます。

STEP7:大根・こんにゃく・白滝を加える

STEP6に大根・こんにゃく・白滝を加え中火で10分程煮込みます。

STEP8:豚串を加える

10分経ったら、豚串を加え更に中火で10分煮込みます。

STEP9:卵を加える

STEP8にゆで卵を加え、更に中火で5分煮込みます。

STEP10:練り物を加える

STEP9に練り物を加え、弱火~中火の間で更に10分程煮込みます。味が染み込んだら、火を止めます。

STEP11:完成

豚串入りおでんの完成です!

作り方のコツ・注意点

大根をゆでこぼししている間に他の食材の下ごしらえをすると、手際よく作れます。火が強すぎると、鍋の底に焦げ付く事がありますので注意してください。

ここでは豚ブロックを使いましたが、他のお肉でも応用できますので、是非お試しくださませ。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。