\ フォローしてね /

胃に優しいレシピ!冷凍里芋で作るふわとろ卵あんかけ

年末年始はついつい食べ過ぎ・飲み過ぎで、胃に負担をかけてしまいがちです。

ここでは、そんな時におすすめの胃に優しいレシピ「里芋のふわとろ卵あんかけ」の作り方をご紹介します。

里芋には胃腸の働きを整える作用があり、卵はとろみのあるあんに入れることで、より消化を良くしました。

材料(2人分)

  • 里芋(冷凍食品)・・・200~300グラム
  • 卵・・・1個
  • 水・・・200cc
  • 白だし・・・小さじ2
  • 醤油・・・小さじ2
  • みりん・・・大さじ1
  • 片栗粉・・・小さじ2
  • 片栗粉をとく水・・・大さじ1

作り方(調理時間:20分)

STEP1:だし汁を沸かす

鍋に水・白だし・醤油・みりんを入れて、沸騰するまで温めます。

STEP2:だし汁に里芋を入れる

だし汁に凍ったままの里芋を入れ、沸騰してくるまで強火で温めます。

STEP3:里芋を煮る

だし汁が沸騰してきたら弱火にし、落し蓋をして10分程煮込みます。里芋に竹串がスッと刺さる柔らかさになったら、里芋を取り出します。

STEP3:だし汁にとろみをつける

里芋を取り出しただし汁に、水でといた片栗粉を入れて、とろみがつくまで混ぜながら弱火で煮つめます。

STEP4:溶き卵を入れる

とろみがついただし汁に溶き卵を回し入れます。弱火のまま30秒くらい待ち、卵が半分以上固まってきたら全体をかき混ぜます。

完成!

里芋に卵あんをかけたら完成です。ここではねぎをトッピングしました。

作り方のコツ・注意点

冷凍食品の里芋を使えば下ごしらえが不要で、調理時間が短縮できます。

生の里芋を使う場合は皮をむいてから、同じように調理してください。

さいごに

里芋を茹でただし汁であんを作るので、里芋から溶け出した栄養分も逃しません。

ねっとりした食感の里芋とふわとろの卵あんがよく合います。優しい味わいでさらっと食べられますよ。

簡単に作れるので、ぜひ作ってみてください。

Twitterで紹介!

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。