\ フォローしてね /

スペインの家庭料理「ソパ・デ・アホ」の作り方

残って硬くなってしまったパンを上手に利用した、スペインの家庭料理「ソパ・デ・アホ」の作り方です。リサイクル料理の定番です。

材料(4人分)

  • フランスパン:硬くなってしまったもの。ない場合は少しトーストする。
  • ニンニク:2欠片
  • 卵:2個
  • 水:1リットル
  • パプリカ:スープスプーン半分
  • パン粉:適量
  • オリーブオイル:適量
  • 塩:適量

作り方(調理時間:30分)

STEP1:パンを切る

パンを5mm幅に切ります。パンが硬くない場合は、切ってから少しトーストしましょう。

STEP2:ニンニクをつぶす

ニンニク1欠片を包丁の腹で押しつぶします。

STEP3:ニンニクとパンを煮る

STEP1で切ったパンとSTEP2でつぶしたニンニクを、1リットルの水の入ったお鍋に入れて5分ほど煮ます。この時に塩も適量入れましょう。

STEP4:残りのニンニクの準備

もう一つのニンニクも先程と同じように包丁の腹で押しつぶして、たっぷり目のオリーブオイルでゆっくりきつね色になるまで炒めます。

この時、さらに木のしゃもじでニンニクをつぶすしながら炒めて行きます。

STEP5:パプリカを炒める

ニンニクを取り出したら、フライパンを火から下ろし、パプリカ(お好みで辛いパプリカを使用しても良い)を入れ、再び火にかけます。

パプリカは焦げやすいので、よくまぜながら、サッと火を通す程度にしましょう。

STEP6:ニンニクとパプリカを入れて煮込む

STEP4と5のニンニクとパプリカを(使用したオリーブオイルも含めて)STEP3のお鍋に入れ、吹きこぼれない様に火に注意しながら、さらに10分程煮ます。

生ハムやチョリソが手に入るのなら、一緒に煮込むともっとスペイン的になりますよ!

STEP7:卵を入れる

10分煮込んだら、塩で味を調え、予めほぐしておいた卵2個を入れ、木のしゃもじでまぜます。

卵が程よく固まったら火から下ろしてください。

STEP8:オーブンで焼く

耐熱性の容器にスープを入れ、上にフードプロセッサーなどで細かくしたパン粉を振りかけ、250℃のオーブンで10~15分焼きます。

これはガスオーブンでの目安です。オーブンによって多少温度や焼き時間が変わって来ます。目安としては表面にこんがり美味しそうな焼き色が着くまでです。

完成

表面がこんがり焼けたら出来上がりです。

作り方のコツ

美味しくて、簡単。その上経済的な、スペイン庶民一押しのスープ。是非、冬の寒いときにこの「ソパ・デ・アホ」で温まってください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。