\ フォローしてね /

簡単勉強暗記法

英語の単語、歴史用語・・・学生は暗記することが多いですよね。「もういやだー!」と投げ出してしまう方も多数いらっしゃると思います。ですが、めげずにコツを覚えて頑張ってください!ここではその一部を紹介します。

夜寝る前に暗記をする

人は夜暗記など覚える勉強をして、朝計算などの目がいかにも覚めそうな勉強をしていくと効率的に頭が良くなるらしいです。著者は夜、簡単に暗記をした後、朝に同じような問題を出し、答えられるかいつも確かめてから学校に行っています。慣れると結構楽しいです。

間違えてしまっていたら、朝のうちに復習しておくといいでしょう。

忘れていそうな数週間後にまたやってみる

大事なのはココですよ!「よし覚えた!もう大丈夫だよね!テスト勉強ばっちし!」大丈夫じゃないです。ノットばっちしです。

数週間経つと、すっかり単語などは忘れているものです。だから怖いですよね。その数週間後がテスト直前だとよりいいと思います。とにかく何度も同じ問題に取り組んでくださいね!

問題を出し合う

これについては、暗記だけではないはずです。友達と「両親を英語で?」などと質問を出し合ってみると一人でやるよりいけるかもしれません。問題を出す側としても意外と覚えることができます!友達はやっぱり大事ですね。しみじみ。

声に出す

やっぱりこれです。これに限ります。特に英語の単語などは。声に出しながらノートなどに単語を書いていくと脳が発音などもキャッチして覚えてくれます。

テストでど忘れしてしまっても後からじわじわきて「あっ!そうだ○○だ!」と思い出すことが出来ると思います。著者はこの方法にとても救われました!いつもお世話になってます。

少なくてすみません。でも、これだけやっておいても何げにできます!皆さんもやってみてください!最後まで見ていただきありがとうございました!

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。