\ フォローしてね /

お家で韓国の味が楽しめます!サムギョプサルの作り方

韓流がブームになってしばらく経ち、サムギョプサルという名称を聞き及んでおられる方も多いと思います。サムギョプサルとは、「サム」=「3」、「ギョプ」=「層」、「サル」=「肉」で、三枚肉(バラ肉)の意味です。

つまり、料理の名前ではなく材料の名前なのでどんな作り方をしても豚バラ肉を使っていればサムギョプサルになるのですが、ここではお肉の下ごしらえでマッコリに漬ける方法と、食べるときに合わせるサムジャンの作り方をご紹介します。

材料(4人分)

  • 豚バラブロック:500~600g
  • マッコリ:1~2カップ
  • にんにく:2~4片
  • 塩:適宜
  • 胡椒:適宜
  • ごま油:適宜
  • サニーレタス:ひとつ

肉を包んで食べる葉物は、サンチュはもちろん、レタスや大葉でもOKです。本場韓国ではエゴマの葉を使うそうです。

サムジャン

  • みそ:大さじ2
  • コチュジャン:小さじ1
  • 白すりごま:小さじ2
  • 砂糖:小さじ2
  • 酢:小さじ1.5
  • ごま油:小さじ2/3

砂糖の代わりに蜂蜜、酢の代わりにレモン汁を使っても美味しいです。

作り方(調理時間:15分:肉を漬ける時間を除く)

STEP1:肉を切る

豚バラブロックを肉の繊維にそって、1cmくらいの厚さを目安に、4~5枚に切ります。ブロック肉が長い場合には、焼くフライパンに入るように2つに切ります。

スライスした肉でも作れますが、豚バラ肉はある程度厚みがあった方が美味しいです。

STEP2:肉をマッコリに漬ける

肉を深めのお皿かバットに敷き、塩・胡椒で下味をつけ、スライスしたにんにくを散らして、マッコリをひたひたに入れて馴染ませます。

ラップをして 30分ほど漬けおきます。

STEP3:サムジャンを作る

サムジャンの材料をボウルに入れ、よく混ぜます。

混ぜた後にしばらく置いた方が味が馴染みます。肉を漬け始めた後に作ると、ちょうど良いと思います。

STEP4:漬けた肉の水分を取る

漬けておいた肉を金ざるにあけて、肉とにんにくを分けて取り出し、キッチンペーパーで水気をとります。

このにんにくは後で使うのでとっておいてくださいね。

STEP5:肉を焼く

熱したフライパンにごま油を少量ひいて、強火で両面を焼きます。

肉の厚さにもよりますが、片面を1分ほど焼いて、しっかりと焼き目をつけます。

豚バラから脂がたくさん出るので、筆者が使ったような溝があるフライパンで焼くか、適宜、キッチンペーパーで油を取ってください。

STEP6:にんにくを焼く

豚肉に火が通ったら、火を中火に落として、STEP4で分けておいたにんにくを入れます。

にんにくがカリッとするまで焼きますが、特に時間を気にしなくても STEP7の最中に良い具合になると思います。

STEP7:肉を切る

フライパンの上で、キッチンぱさみで適当な大きさに肉を切ります。

STEP8:完成

お皿によそって出来上がりです。

冷めると肉が固くなるので、熱々のうちに食べてください。

作り方のコツ・注意点

豚バラ肉の表面がカリッとするまで焼いてください。焼きすぎになってしまわないように、豚肉はある程度の厚みがあった方が美味しいです。

豚バラを焼くと脂がたくさん出るので、筆者が使ったような溝があるフライパンで焼くか、適宜、キッチンペーパーで油を取ってください。

おわりに

葉物の野菜で肉とサムジャンを包んで食べてください。ご飯を一緒に包んで食べても美味しいです。

キムチなどを付け合せに、熱々のうちに召し上がってください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。