\ フォローしてね /

50cmの布で出来る!デニム生地のボストンバックの作り方

デニム生地でのボストンバックです。薄い生地でも裏に接着芯をアイロンで貼ってから切れば十分丈夫なバックが作れます。

用意するもの

材料

  • 布(50cm×52cm):1枚
  • チャック:48cm(48cm以上でも可)
  • 持ち手用のひも(3cm幅):1m
  • ワッペン

使うもの

  • ミシン
  • はさみ
  • チャコペン
  • まち針

布の型紙の準備

STEP1:布を裁断する

布を下記の通り裁断します。型紙は画用紙等で作って下さい。

  • A:ボディ(30cm×48cm)×1枚
  • B:サイド下(10cm×8cm)×2枚
  • C:チャック脇(6cm×50cm)×2枚
  • 型紙(5cm×5cm)×1枚
型紙は、一つの角だけ2cm内側になるように丸くカーブをつけるましょう。

STEP2:ボディに印を付ける

STEP1で分けた「ボディ(30cm×48cm)」に部分の印をつけます。48cmの辺にそれぞれ印を付けます。

  • 左端から14cmの所:チャックの縫い終わり位置
  • 左端から20cmの所:サイド底の取り付け口
  • 左端から28cmの所:サイドの取り付け口
  • 左端から34cmの所:チャックの取り付け口の印
バックの取り付け口も短い方の辺から6cm、長い方の辺から8.5cmの所に3cmの印を4カ所つけます。

ボストンバックの作り方

STEP1:角を丸く切る

「ボディ(30cm×48cm)」の大きな布の四隅を5cm角で作った型紙に合わせて角を丸く切ります。

型紙を布にあてながら切れば簡単ですが、動いてしまうのが不安な人はチャコペンで描いてから切って下さい。

STEP2:チャックをつける部分の端にジグザクミシンをかける

「チャック脇(6cm×50cm)」の布2枚を、長い方(50cm)の片側だけジグザクミシンをかけてほつれ止めをします。

STEP3:チャックを開いて待ち針で留めて生地に縫う

ジグザグミシンでほつれ留めした辺を1cmのところで折って、チャックを開けた端が折り目のところに合わさるように置いて待ち針で留めます。

STEP4:チャックを縫い付ける

STEP4で留めたチャックと布をチャックを開いた状態で縁から5mmのところでミシンで縫います。チャックを閉じるとチャックが見えなくなるように調節して下さい。

STEP5:反対側も同じように縫い付ける

反対側も同じようにジグザグミシンを掛けたふちを1cmのところで折り、その上にチャックをふちを合わせて置いて待ち針で留めて縫います。

STEP6:チャックに8cmの布をつける

STEP5で作ったチャックの両端に、サイド下(10cm×8cm)の布を中表で10cmのところが合わさるように置きます。

置いたら、縫い代1cmの所をミシンで縫い、端がほつれないようにジグザグミシンを掛けます。

STEP7:バックの底に合わせて側面を縫い付ける

STEP6で作った側面の生地の一番端(10cmのところ)を「ボディ(30cm×48cm)」の底の印の位置に待ち針で留め、ミシンで端から1cmのところを縫います。

STEP8:側面もつける

そのまま側面もバックのボディの生地につけていきます。待ち針で留めて端から1cmのところをミシンで縫います。

カーブもあるので、待ち針のまま縫うことに不安を感じる人は手縫いで仮縫いした方が簡単にきれいに縫うことが出来ます。

STEP9:反対側も縫う

反対側も待ち針で留めて側面を1cmの縫い代で縫います。

STEP10:ジグザグミシンを掛けてほつれ留めする

STEP7~9で縫ったところをずれているところ等は、きれいにそろえて端にジグザクミシンをかけます。

STEP11:ひもをつける

持ち手用のひもの端を2cm内側に折って型紙から印を付けた位置にあてて待ち針で留めます。

STEP12:ミシンでしっかり留めます

3cm弱の角に縫い、その対角線をクロスさせる様にしっかり縫います。さいごに、アップリケ等をお好みでつけたら完成です。

上手に作るコツ

仮縫い

待ち針を抜きながら縫うことが不安な人は手縫いで仮縫いして下さい。その方が楽にきれいに縫えます。

接着芯

薄手の布で縫う時には裏にアイロンで接着芯を貼付けてから角パースに切り縫って下さい。

接着芯は100円ショップにも置いてあります。

ミシン針

今回デニム生地で縫いましたが、厚手の生地を縫う時にはミシンの針を厚手用に変えて下さい。

おわりに

いかがでしたか。ボストンバックの角の丸みをもう少しつけるとスポーツのボストンバックらしくなります。各自でポケットを付けたり、リボンをつけたりとアレンジして下さい。

お弁当箱を入れたい人は弁当箱の横幅をはかって必要な長さのマチを作って下さい。その際横布の幅も変えることを忘れずに。

アレンジ次第で自分に最適なバックが作れます。今回の記事を参考にして試してみて下さい。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。