1. 趣味
    2. 【はじめてのベランダ菜園】ルッコラに蕾(つぼみ)がついてしまったら

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    【はじめてのベランダ菜園】ルッコラに蕾(つぼみ)がついてしまったら

    ルッコラといえば、イタリア料理のサラダなどで定番のハーブです。ほのかなゴマの香りやピリッとした辛味が、日本人の味覚によく合いますね。ルッコラは、実は家庭菜園の中でも難易度が低く、ベランダでも簡単に育てられるのです。

    ルッコラの基本情報

    和名 キバナスズシロ
    科名 アブラナ科
    栽培難易度 やさしい
    収穫までの期間 30~40日
    主な病気 特になし

    ルッコラのイメージは「葉っぱ」ですよね。しかしルッコラにも実は花が咲くのです。ここでは、ルッコラに花の蕾(つぼみ)がついてしまったときの対処法をご紹介します。

    本記事は、アース製薬の企画協力のもとに、2014年にnanapi編集部が執筆したものです。

    ルッコラにも蕾(つぼみ)ができる!

    ルッコラも他の植物と同じように、寒い時期から温かくなる間に花を咲かせる準備をします。そのため、ルッコラを育てている時に蕾(つぼみ)がつくことがあります。これをそのままにしておくと、ルッコラの花が咲くのです。

    蕾がつくと葉の風味が落ちる

    蕾がついた場合、ルッコラは花を咲かせようと蕾に栄養を送り続けるようになり、茎が伸びます。その結果、葉に栄養が送られなくなってしまい、葉が硬くなります。さらに株が弱って苦味がでてきてしまいます。

    花が咲いて実ができ、熟して種になると株自体が枯れてしまうので、葉を利用する野菜やハーブは花を咲かせないようにすることで長く収穫が楽しめます。

    蕾(つぼみ)がついてしまったときの対処法

    摘蕾(てきらい)をしよう!

    摘蕾(てきらい)とは、花を蕾のうちに摘んでしまうことをいいます。

    摘蕾には「小さな苗や弱った株を元気に大きくするために、全ての蕾を摘む場合」と、「1つ1つの花を大きくしたり、大きな果実の収穫をするためにいくつかを残して摘む場合」があります。

    ルッコラの場合、花が咲いて葉が枯れてしまわないように摘蕾をします。

    摘蕾の方法

    ハサミと収穫ザルを用意します。摘蕾(てきらい)のやり方は簡単で、蕾の根元あたりにハサミをあてて切り落とすだけです。

    葉に隠れている蕾があったりすると、どんどん葉が固くなってしまうので、見つけた蕾はすべて摘蕾するようにしてください。

    ルッコラは蕾や花も食べられる!

    ルッコラは、花や蕾もサラダやスープにして食べることができます。葉と同じようにゴマ風味の辛味が美味しいですよ。

    特に蕾はスクランブルエッグに混ぜたり、天ぷらにしたり和え物にしてみたり、クリームチーズに混ぜたりとレシピは色々!花もサラダだけでなく、お吸い物や薬味にぴったりです。葉よりもマイルドでほんのりと甘みも感じますよ。

    蕾・花をサラダに添える場合

    よく洗ってから他の野菜と一緒に添えるだけでOKです。トマトなどと一緒に食べると抗酸化パワーもアップすると言われています。

    蕾をスープやパスタに加える場合

    よく洗った蕾を、さっと熱湯に通すだけでOKです。

    蕾を炒め物などに加える場合

    よく洗った蕾を包丁で細かく刻みます。他の炒め物に混ぜて、一緒に炒めるだけで、彩りも栄養もアップします。

    基本的には、よく洗い湯通しすれば色々な料理に応用が利きます!加熱すると苦味や辛味が和らぎ、食べやすくなりますよ。

    おわりに

    蕾や花がついてしまうと、苦みが増し硬くなってしまうルッコラですが、摘み取った蕾や花も料理に活かすことができます。

    ぜひ試してみてくださいね!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人