\ フォローしてね /

男性も女性も可愛く楽しもう!罰ゲームアイデア「猫語ソング」のやり方

忘年会の罰ゲームには、少し注意が必要です。お酒が入っているため、下品な罰ゲームになってしまって、しらけてしまう事もあるためです。

ちょっと可愛いくて楽しい感じの罰ゲームを、ご紹介していきます。

罰ゲーム「猫語ソング」に必要なもの

人数

1人でもいいですし、人数は制限ありません。

グッズ

  • 猫耳

スペース

スペースはさして必要ないのですが、カラオケでやった方が盛り上がります。筆者たちはもともとカラオケのあるレストランだったので、そこで行いました。

「猫語ソング」の流れ

STEP1:猫耳をつける

罰を受ける人に猫耳をつけさせます。女の子なら可愛いですが、男性がつけると、笑えます。

STEP2:カラオケを流す

その人が得意な歌のカラオケを流します。

STEP3:猫語で歌う

猫語で初めから終わりまで歌ってもらいます。にゃん、みゃあぐらいしか言うことがないのですが、罰ゲームをする事になった人の中には、のってきて手を猫真似したりして、面白いパフォーマンスをしたりする人もいます。

参加者のリアクション

忘年会なので明るくて楽しいものがいいと思っていましたが、皆、かなり笑って楽しく盛り上がっていました。特に、男性が猫耳をつけて猫語で可愛く歌うと、「気持ち悪いー」とヤジがとび、大笑いでした。

一方、女の子が猫耳をつけて歌うと、とても可愛いかったですし、女の子も嫌がることのない罰ゲームだったので、皆で盛り上がれて忘年会に相応しかったと思います。

おわりに

猫耳を用意するだけで、手軽に行うことが出来る罰ゲームです。

もちろん、カラオケがない場合は、バックミュージックなしで歌うことになりますが、その場合は手拍子などをしてあげると盛り上がります。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。