\ フォローしてね /

デキる奥さんはやっている!?時短・節約ができちゃう超楽ちん「ゆる家事術」

炊事、洗濯、掃除…毎日の家事にほとほと疲れてしまってはいませんか?家事がよくできる素敵な奥さまは、実は色々な工夫をしてうま~く手を抜いているんですよ。

ここでは、お疲れの奥様方のために、家事を楽に、効率的にする「ゆる家事術」をご紹介します!

洗濯編

洗い終わった衣類+乾いたバスタオルを乾燥機へ

乾燥時間を短縮する裏技としておすすめなのが、洗い終わった衣類と乾いたタオルをまとめて乾燥機に入れる方法。乾いたタオルが洗濯物の水分を吸ってくれるので、普通に乾燥機を使うより約10分早く洗濯物が乾きます!タオルはバスタオルサイズのものがおすすめです。

柔軟剤が切れたらリンスで代用

柔軟剤をもしも切らしてしまったら…?代用品として優秀なのが、なんとあの髪に使うリンスなんです。柔軟剤の役割を十分に果たしてくれますよ。

洗濯ネットはストッキングで代用

洗濯ネットが足りないときには、ストッキングで代用できます。ストッキングの中に洗濯物を入れ、口を縛ったらそのまま丸洗いしましょう。穴が無ければ十分代用可能です。

洗濯機に入れると◎

洗濯するときには、「スポンジ1個」と「ネットに入れたペットボトル1本」を用意してください。これらを洗濯機に入れて洗うと、スポンジは糸くずを取り除き、ペットボトルは水流を変化させて、より水力を強める効果があります。

ただし、洗濯機や洗濯物の種類によっては洗濯槽を傷め、故障の原因になることがあります。実践する際は自己責任で行ってください。

お掃除編

歩くだけでホコリとり

伝線して使えなくなったストッキングはホコリ取りにぴったり!スリッパなどに被せてしまえば、静電気の力で歩くだけでホコリを集められます。

生ごみを出し忘れたら即冷凍

生ごみは少し放置しておくだけでにおいがひどくなってしまいます。もしも生ごみを出し忘れてしまったら…腐らせる前に生ごみの水気を切って、ビニールに入れて冷凍しておきましょう。においを気にする心配もなく、一見キッチン周りをキレイにみせることができちゃいます。

冷凍保存する際は、必ず新聞紙に水気を吸わせるなど、生ごみの水分をしっかり切るようにしましょう。水分が残っている状態のまま冷凍保存すると、ごみ焼却炉でのトラブルの原因になることがあります。冷凍保存前の事前準備はきちんと行いましょう。

キッチン編

お肉はキッチンバサミでカット

お肉を切るときにキッチンバサミを使いましょう。まな板も汚れず、鶏肉の皮も楽に切ることができます。

お米はペットボトルに収納

お米をペットボトルに唐辛子と一緒に入れフタをしっかり閉めて冷暗所に保管します。そうすると、虫がつきにくく、お米も傷みにくくなります。ついでに1合ずつの目盛りを書いておけば、計量カップいらずで楽ちん!

ペットボトルで卵黄と卵白をわける

黄身の部分にペットボトルの口をつけ、ペットボトル本体を押しつぶしていた手をゆるめると、するっと卵黄だけペットボトルの中に入ります。お菓子づくりなど、大量に仕分ける必要がある時に使えそうですね!

ゆる家事術で素敵奥さまに変身!

家事を楽にしてくれるとっても便利な「ゆる家事術」。実は便利なアイテムを使うだけで簡単に実践することができるんです。

家事が面倒くさくてたまらない、という奥様方はぜひご活用ください!!

(image by amanaimages1 2 3)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。