1. コミュニケーション
    2. 日本語と全く違うようで似てるかも…?違いが面白い英語のオノマトペ集

    日本語と全く違うようで似てるかも…?違いが面白い英語のオノマトペ集

    このライフレシピのもくじたたむ

    英語の擬音=オノマトペって知ってますか?

    犬の鳴き声は「わんわん」ではなく「バウワウ!」、鶏の鳴き声は「コケコッコー」ではなく「クックドゥードゥルドゥー」!

    言葉が違えば音の感じ方も違う。そんな差がよくわかるようなわからなくなるような、英語の擬音をまとめてみました。

    英語圏の擬音たち

    動物の鳴き声シリーズ

    (image by PresenPic)

    犬:Bow wow!(ワンワン!)Yelp, yelp!(キャンキャン!)

    甲高い鳴き声になるとYの音になるのが驚きです!

    猫:Meow(ニャーオ、ミャーオ)Purr(ゴロゴロ…と喉を鳴らす)

    これはどちらも頷けますね!「rr」で喉を鳴らしている音が表現されてます。日本語にはない表現ですね。

    羊:Baa,bleat(メーメー)

    羊の鳴き声って確かに日本の「メー」よりは英語の「バー」の方が近い気がします。

    象:Trumpet(パオーン)

    えっ?!確かにトランペットっぽいけど、そのままトランペットなの!?と驚きです。潔さがいいですね。

    人の声シリーズ

    (image by PresenPic)

    笑い声:Ha-ha!(あはは!)Hee-hee!(ひっひっひ!)

    この辺は大体一緒のようです。

    泣き声:Bawl !(ウワーン!)Boohoo!(うえーん、わーん)

    泣きながら「ブーフー!」とは…叫び声は大抵a音で終わる日本語話者には少し理解が追いつきませんね。

    話し声:Bla bla..(ペチャクチャ…、「かくかくしかじか」「エトセトラ…」的意味も)

    ブラブラ…も興味深いですが、そもそも日本語のペチャクチャも一体どこから来たんでしょうか?謎は深まりますね。このブラブラ、英会話では割と遣うことが多いです。

    悲鳴:eek!!(キャーッ!!)

    悲鳴を上げるときは口を大きく開けるイメージでしたが、e音ということは口は閉まり気味ということ。外国のホラー映画やゾンビ映画を見るときは叫び声にも注目してみてもいいかもしれませんね!

    動作音シリーズ

    金属音:Clash(ガチャガチャ、カチャカチャ/金属がぶつかる音)

    やっぱり金属音はカ行から始まりますよね!よく見る擬音です。

    軋む音:squeak, creak(キー、キー)

    やはりカ行です。スクゥィーク、クリーク…といった感じでしょうか。

    舞い散る音:flutter(ひらひら/花びらや旗が風邪に舞う音)

    綺麗な音がそれっぽいですね!手の動作を認識してメディアプレーヤーを操作するアプリの名前も「Flutter」でした。

    飲む音:glug(ゴボゴボ、ゴクゴク/水などを飲む時の音)

    あの水を飲み干すときの喉の音、英語圏の人から聞いてもg音なんですね。

    叩く音:Whack!/Kapow!(ピシャリ、ドカッ!)

    アメコミやアメコミ系デザインでよく見る方も多いかもしれません。相手を叩く・殴打するときの音ですが、濁点がないので深刻さに欠けるように聞こえてしまいます。

    爆発音:Wham(ドカーン、ガーン/衝撃音)

    こちらも上のWhackと似たような音ですね。やはり深刻感があまり感じられないのが日本語耳の定めなんでしょうか。

    エンジン音:vroom(ブロロロ…、ブローン)

    これは相当しっくり来ますね!エンジン感がすごい出てます。

    擬音じゃないけどなんだか音がカワイイシリーズ

    (image by PresenPic)

    ぽっちゃり:chubby

    ぽっちゃりだけでなく、少し前に流行ったマシュマロ系からおデブさんまで全部フォローしてしまえる「チャビー」という形容詞。なんとなく音が可愛いです。

    弱々しい:wimpy/wimp

    弱虫、弱々しいを意味する「ウィンピー/ウィンプ」。パ行の音があると無条件で可愛い音に聞こえてしまいます。

    ブーンと音を立てる:zoom

    ブーンと音を立てるという意味だけでなく、音を立てて上昇する、などの意味もあります。結構前に流れまくっていた車のCMが思い出されませんか?

    あくびをする:yawn

    動詞ですが、あくびをするときの「ファ~…」という音も兼ねています。なんだか可愛いと思えるのは私だけでしょうか。

    おわりに

    英語の擬音は動詞や形容詞を兼ねているものが多いのが驚きでした。特に象の鳴き声=トランペットの潔さが素敵ですね。

    日本語の豊富なオノマトペを実感することもできました。

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ