\ フォローしてね /

名古屋に行くなら必ず食べたい!絶品「名古屋めし」の数々

名古屋城などの観光スポットは有名ですが、出張、里帰り、よほどのお城好きかのいずれかでないと、リピーターとして名古屋へ行く方はあまりいらっしゃらないのではないでしょうか?

ところが、筆者はここ数年、1年に1度名古屋へ遊びに行っています。その目的は、なんといってもご当地グルメ、「名古屋めし」を食べること!

食べ歩きが大好きな筆者は、毎回週末を使い、1泊2日でがっつり楽しんでいます。新幹線名古屋駅に降り立てば、もうそこは魅惑のグルメワールド!そこでこの記事では、筆者が厳選したおすすめ名古屋料理と人気店をご紹介します。

「名古屋めし」とは

「名古屋めし」とは、Wikipediaでは「愛知県名古屋市を中心とする中京圏が発祥、もしくは中京圏で発展した食事の総称」と定義されています。

ここ数年、「名古屋めし博覧会」や「NAGO-1グランプリ」といったイベントも開催され、一大観光資源となっている名古屋めしです。

具体的には、「ひつまぶし」「味噌カツ」「手羽先」「きしめん」などが、全国的にも有名な代表選手でしょうか。その他にも、「味噌煮込みうどん」「小倉トースト」「台湾ラーメン」など、たくさんのご当地メニューがあります。

おすすめ「名古屋めし」

1:ひつまぶし

ひつまぶしでは、老舗の「あつた蓬莱軒」が有名ですが、アクセスがやや不便なことと、なにより休日には数時間待ちが当たり前なほどの混雑だそうなので、筆者はまだ訪れたことがありません。

そこで、当時名古屋で暮らしていた弟に教えてもらったお店が「しら河」さんです。比較的手ごろなお値段で美味しいひつまぶしが頂けます。

浄心本店、栄ガスビル店、今池ガスビル店の3店舗がありますが、筆者がいつも行くのは、地下鉄今池駅から直結していて行きやすい、今池ガスビル店です。

JR名古屋駅タカシマヤ店もありますが、こちらはテイクアウト限定なのでご注意ください。

2:味噌カツ

味噌カツといえば、全国展開もしている有名店「矢場とん」さん!初めて食べた時、感動して思わず「矢場とんTシャツ」を買って帰ったのも良い思い出です。

名古屋市内に数店舗ありますが、やはり行列ができていることが多いです。でも、お客の回転は早くて誘導もスムーズなので、あまり大きなストレスを感じたことはありません。

また、ホームページで各店舗の待ち時間が表示されるようになっているので、どの店舗に行こうか迷った時には便利かもしれませんね。

筆者は駅からのアクセスを優先して、名古屋駅エスカ店(名古屋駅直結の地下街)に行くことがほとんどですが、最近は新しい店舗も増えていますし、予約ができる店もあるようです。

3:味噌煮込みうどん

ここまでご紹介した「ひつまぶし」「味噌カツ」の二大巨頭で満足している方も多いかもしれません。昨年、筆者も「山本屋本店」さんの味噌煮込みうどんに出会うまではそうでした。

大阪及び四国に馴染みの深い筆者としては「名古屋のうどんなんて邪道!」なんて思っていた頃もありました。しかし、そんな価値観を一変させる力を持った美味しさです!麺のコシ重視の四国のうどんとは別物ですが、特に、ダシ重視の関西のうどん好きさんには勧めたい一品です。

このお店も、名古屋市内に11店舗を構えています。筆者もまだ1度しか食べたことが無く、その時はエスカ店に行きました。週末のご飯時だったこともあって、結構な行列でした。

矢場とんよりもお客の回転はやや遅めですが、お漬物が食べ放題で、食べきるとすぐに次を持ってきてくれる(そしてこれがまた美味しい!)ので、うどん屋さんなのについつい長居したくなります。

エスカ店の行列は、名古屋駅の最寄りのためか、ビジネスマン風の方も多かったので、時間体力に余裕のある人は他店舗を選んだほうがいいかもしれません。

4:小倉トースト(モーニング)

がっつりと夕食を食べ、さらにハシゴまでして、翌朝もう食べられないよ~と思われるかもしれませんが、名古屋は喫茶店モーニング文化の街。ホテルの朝食も良いですが、せっかくなので朝の街を歩いて喫茶店に行ってみましょう。

以前は名古屋発の有名喫茶店チェーン「コメダ珈琲店」に行っていました。ただ、ここ最近は筆者の住む大阪にも店舗が増え、普段使いができるようになっているので、名古屋に行った時には地元のお店を探して行ってみるようにしています。

筆者が訪れた「KAKO」さんの小倉トーストは、あんこの上品な甘さがあり、美味しいコーヒーといただけば最高です!是非ご賞味あれ!

「KAKO」さんは、トーストだけでなくカイザーパンも有名です。どちらも美味しいので、複数人で行く時にはみんなでシェアするのがオススメです。

意外と重くない!

名古屋の食文化というと、お味噌やあんこなど濃厚なイメージがあるかもしれませんが、実際に食べてみると、見た目とは裏腹に、絶妙なバランスの上品な味のものが多いんですね。たとえば味噌カツは、ソースで食べるとんかつよりも断然あっさりしていて、たくさん食べられます。

しかし、1度の旅行ですべての名古屋めしを制覇することは難しいです。愛知県を旅行する場合は、行程に合わせて、グルメ計画もしっかりと立てておきましょう。

ちなみに、名古屋の家庭には必ずあると言われているが『つけてみそかけてみそ』。もし名古屋めしを食べたいけど名古屋に行くのが難しいというときには、これを料理に取り入れてみては。カツにかけるだけでなく、いろいろ使えますよ。

出張時のランチ時間にでも!

名古屋といえば、観光だけでなく、ビジネスで訪れる機会も多い都市ですよね。ご当地グルメは、たとえ少ない時間でも楽しめます。気軽に観光気分が味わえるのでおすすめです。ぜひ、お仕事の合間にでも、ふらっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。