\ フォローしてね /

今が激アツ!初めて読む人のためのアメコミぶっ飛び基礎知識まとめ

アイアンマンやバットマン、スパイダーマン・アベンジャーズにスーパーマン…。

アメコミの映画化作品が続々と発表される中、その原作であるアメコミにも注目が集まっています。

次々と邦訳の新作が発表され、日本におけるアメコミの注目度がかなり上がってきている昨今。さっそく、ご紹介します!

アメコミと日本の漫画ってこんなに違う!?

アメコミとは

アメコミとは、スーパーマンやスパイダーマンを代表とするようなアメリカン・コミックスのこと。その歴史は長く、スーパーヒーロー第1号である「スーパーマン」が発表されたのは1938年!

邦訳も多く出版されていますが、あまりにも長く続くシリーズと、「勧善懲悪」「単純」という固定概念・また「漫画」にしては少し値が張るためか日本では少し嫌厭されがちです。

ところが、最近のアメコミを実際に呼んでみると実に重厚で内容も深く、専門のアーティストによる絵もとても見応えがあるものとなっていることがわかります。

アメコミの著作権

アメコミは日本の出版界やキャラクターデザイン界とは異なり、キャラクターの著作権が出版社にあるのです。

こうした理由により、ひとつのキャラクターを複数人のクリエイターが描くことができ、また「アベンジャーズ」のようなクロスオーバー作品や、連載を何十年も続けることができるんですね。

しかしこうした実情において、著作権が出版社に帰属していることで本来クリエイターが得るべき権利や利益を受け取れなくなっているというマイナス面があります。

またアメコミ業界は基本的に分業制が取り入れられているのが日本の漫画界との異なる点。

話を書くシナリオライターのほか、作画においては下絵を描くペンシラー・ペンを入れるインカー・彩色を行うカラーリスト・台詞やモノローグなど文字を書き込むレタラーが作業を行っています。

分業制においては世界各国様々な人がアーティストとして参加しています。日本人アーティストもいますよ!

連載が長すぎて設定がガンガン変わる

前述のとおり、アメコミ界においてひとつの作品が数十年以上続いている…なんていうのはザラにあります。

色々なアーティストが色々な物語を書き、また時代とともに読者に求められる作風が変化することなどから、物語の重要な根幹をなす設定がどんどん変えられていったりリメイク・リセットされたりすることがあるんです。

そのため、有名ヒーローともなると「第1話」的な物語だけでもいくつか存在してしまうんですね(中には本筋ではなくパラレルワールドのものもあったり…)。

劇的かつ荘厳な死を遂げたヒーローが、次のシリーズにおいてケロッと生き返ったりしてる…なんてことも。ちっちゃいことは気にしたら負けです。それでいいんだ、アメコミだから!

アメコミ界の2大出版社

そんなアメコミ界において、長く大きな人気と実績を誇る2大出版社があります。それが、DCコミックスとマーベルコミックスです。

DCコミックス

DCコミックスはスーパーマンバットマンワンダーウーマングリーンランタンなどの権利を持つコミック会社。

本筋ストーリーですら次々と新作を出すうえ、パラレルワールド設定を公式として認めており、「異世界の話」として本筋ストーリーとは全く設定が異なるコミックもガンガン打ち出しています。

ヒーローたちの性別が反転した世界や、ヒーローが幼児化した世界、ヒーローがゾンビ化吸血鬼化した世界なんてのも!

マーベルコミックス

マーベルコミックスはスパイダーマンアイアンマンマイティ・ソーハルクウルヴァリンアベンジャーズといったキャラクターを持っています。

日本における映画の興行収入的に考えると、日本人にはマーベルヒーローのほうが馴染み深いかもしれませんね。

こちらは設定としてのパラレルワールドはありませんが、その代わり大幅な設定変更が何度も行われています

アメコミならではのクロスオーバー

こうしたアメコミでは、DC2大ヒーローであるスーパーマンvsバットマン、またマーベルヒーロー大集合のアベンジャーズなどのクロスオーバーを大前提とした人気作が多々あります。

また、マーベルvsDCのように、出版社同士のクロスオーバーができてしまうのはアメコミならでは。

日本でいえば出版社の違うゴム人間の少年と巨人を狩る兵士が一戦交えたり共闘したりするようなものですね。

どこから読めばいいの?

膨大な関連書籍が発売されているこうしたアメリカンコミックスたち。

どこから読めばいいの?という方のために、現行ストーリーにおける「第1話」…いわゆる「オリジン」を収めた邦訳も多く出版されています。

また、基本的に邦訳されているものは一冊にひとつのシリーズが収まっていますので、映画などである程度成り立ちやストーリーを知っている方は単巻買いでも楽しめますよ!

おわりに

作品の映画化が続々と決まり、今までもこれからもまだまだ続きそうなアメコミブーム。

これを期に、多様な広がりを見せるアメコミの世界に触れてみてはいかがでしょうか。

(image by amanaimages)
(image by PresenPic)
(image by PresenPic)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。