\ フォローしてね /

「ちょい足し」で美味しいコーヒーを作る方法

仕事の合間や食後の一杯にコーヒーを飲む人は多いのではないでしょうか?そんなコーヒーについて、家でのちょっとしたティータイムに美味しいコーヒーが作れたら素敵だと思いませんか?

そこで本記事では「ちょい足し」で美味しいコーヒーを作る方法をご紹介します。

1:塩を入れる

台所にあるもので一番簡単にできるちょい足しコーヒーです。塩入れるだけで、簡単に味に深みが出ます。いつものコーヒーに変化をつけたい時に最適です。

できたてのコーヒーに塩をひとふり(ひとつまみ)入れるだけです。

2:シロップを入れる

ハチミツ

ハチミツをスプーン1杯程入れると、砂糖よりもまろやかな甘味が出ます。ハチミツがない場合はメープルシロップなどでも可能です。

ハチミツの代わりに黒蜜を使用すると、更にコクがアップするようです。

キャラメルソース

疲れた時など、甘い物を欲しているときにオススメのちょい足し。キャラメルソースをお好みでコーヒーに入れて混ぜるだけ。飲む際にキャラメルの甘い風味が香り、とても美味しいです。

ソースがない場合は、固形キャラメルをレンジで溶かして代用できます。

3:お菓子を入れる

マシュマロ

カフェで飲むココアなどに入っているマシュマロ。実はコーヒーに入れても美味しいのです。砂糖やミルクの代わりに入れると、マシュマロの甘みとコーヒーの苦味が絶妙にマッチします。

マシュマロが溶けにくい時は、スプーンで沈めると溶けやすくなります。

チョコレート

カフェモカのようなコクのあるコーヒーを簡単に作ることができます。固形のチョコレートを入れる際は砕いておくと溶けやすいです。

チョコレートソースやココアの粉末を入れても美味しいです。

あんこ

あんこのちょい足しで、ひと味違う和風なコーヒーを作ることができます。控えめの甘さで、コーヒー本来の風味も楽しめます。

こしあん・つぶあんなどお好みで試してみてください。

4:フルーツを入れる

りんご

デザートカフェになるちょい足しコーヒーです。リンゴの香りが広がり、まろやかな優しい味のコーヒーになります。

ジャムが溶けやすく、しっかり甘みがあるためオススメです。

みかん

みかんもコーヒーと相性の良いフルーツです。みかんの酸味と甘さがマッチします。また、みかんのさわやかな風味も心を落ち着かせてくれます。

マーマレードジャムを使用すると、果皮が入っているためみかんの風味と酸味がさらに引き立ちます。

ラムレーズン

染み込んだラム酒がコーヒーに広がり、大人な味わいのコーヒーになります。レーズンを食べると甘く、デザート感覚で楽しめます。

ラムレーズンは電子レンジで温めて入れると良いです。

美味しいコーヒータイムを!

ほんのすこしの工夫で普段飲んでいるコーヒーが劇的に変化します。

家族でのティータイムやちょっとした来客時に出してみると、素敵に思われるかもしれません!是非お好みのちょい足しコーヒーを見つけてみてください!

イラストで解説しているレシピはこちらも参考になります。

(image by amanaimages)
(image by amanaimages)
(image by amanaimages)
(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。