\ フォローしてね /

今しかできない旅行がある!卒業旅行を決める際に重視したいポイント

2・3月は卒業旅行のシーズンですね!どこに行こうか、そろそろ計画を立てはじめていますか?卒業を間近に控え、空いた時間でこれまでにない体験をしたい!と冒険心がフツフツと芽生えてきている人もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、有り余る時間で何か刺激的な体験をしたい!と思っている方に海外都市周遊旅行の魅力をご紹介したいと思います。

卒業旅行の利点

学生時代の最大の魅力は「時間を自由に使える」ことです。社会人になると仕事などやらなければならないことに追われ、自分の時間をコントロールできるようになるのは、かなり先になってしまいます。

旅行に行きたくても、時間を確保できない!という社会人も多くいます。仮に旅行できたとしても、2・3泊程度で近場にしか行けないということも多くあります。

「時間がある」ということが卒業旅行の最大の利点で仲の良い友人とスケジュールを合わせやすいのもこの時期です。卒業してしまうと仕事や環境の違いから頻繁に会うことが難しくなる傾向があります。

また卒業旅行シーズンの2・3月は比較的旅行費が安く、平日出発でさらに費用を抑えられるというメリットもあります。

卒業旅行で選定基準にしたいこと

社会人になると時間の確保が難しく、長期で旅行する機会は少なくなります。そこで時間のある内に行っておきたい旅行の選定ポイントをご紹介します。

1:日程は5泊以上

日本ではGW・お盆・年末年始と長期休暇のシーズンがあります。もし旅行するとすればこの期間が一般的ですが、4~5日程度の休暇が通常です。

そのため卒業後に5日以上の休暇を取れないと考えると、時間のある内に旅行をするなら5泊以上の旅行がオススメです。

2:飛行機で8時間以上かかる場所

移動時間が短い旅行先であれば、比較的時間がなくても行くことができます。その点、国内やアジア・グアムなどは時間がない人でも行ける旅行先として人気があります。

移動時間が長くなればなるほど、限られた時間で旅行をする人には現地での滞在時間が短くなり魅力が半減してしまいます。そのため、時間のある今しか行けない旅行先を考えるのであれば、飛行機で半日以上かかる場所をポイントにすると良いでしょう。

参考までに成田からの直行便で、東南アジア圏は約6~8時間、アメリカ・ヨーロッパは約9~13時間程度です。

3:複数都市を周遊できるもの

遠い地域の旅行は人生で何度も行ける場所ではありません。例えば海外旅行経験者の中でも、ヨーロッパはイタリアしか行ったことがない、イタリアの中でもローマしか行ったことないという人も多くいます。

せっかく遠出をするなら、多くの場所を巡れる周遊プランがオススメです。多くの国や都市を周遊することで人生においてかけがえの無い体験ができること間違いなしです。

周遊旅行のメリット

複数の国や都市を周遊する旅行は下記のようなメリットがあります。1度で何回分もの旅行を体験できることが最大の魅力と言えます。

  • 一度に多くの都市を巡れる
  • 地域による特色の違いを肌で感じられる
  • 各地域の交通機関を利用できる(鉄道・バスなど)
  • 多くの有名観光スポットに行ける
  • 旅行に慣れてきて心から楽しめる
  • 何度も旅行するより旅行費が抑えられる
  • 複数地域の紙幣・硬貨が手に入る

周遊旅行をするには?

旅行代理店で申し込む

旅行代理店各社のホームページにて用意された周遊ツアーを申し込む方法があります。探し方はキーワード検索で「周遊」という項目を入れるだけです。周遊ツアーが多い場合は、行きたい地域や泊数・出発日を指定するだけで絞込み検索ができます。

旅行代理店のパッケージはホテルや飛行機を手配してくれる他、有名観光スポットへのツアーなども含まれているものがあり、計画が苦手という方に特にオススメです。

自分で手配する

行き先や予算にこだわりがある人は自分で航空券やホテルを手配する方法があります。インターネットで海外のホテルを検索できるサービスもあり、英語が得意な方や海外旅行に慣れている方にオススメです。

自己手配のメリットは、価格が安く抑えられることが一番の魅力です。しかし、現地での観光地めぐりも全て自分たちでスケジュール設計をしなければならないので、旅行上級者向きだと言えます。

おわりに

せっかく時間のある内に旅行をするなら、多くの都市をお得に巡りたいですね!仲の良い友達と行けば、海外旅行への懸念も簡単に吹っ飛んでしまいそうです。

筆者のオススメの周遊プランは、ヨーロッパ各国の世界遺産を巡る旅、アメリカ複数都市の周遊、アジア・東南アジアの遺産&グルメ周遊ツアーです!

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。