1. 雑学
    2. 幸せになるには「下着」を変えよう!運が舞い込む下着選びのポイント

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    幸せになるには「下着」を変えよう!運が舞い込む下着選びのポイント

    いつも身につけている下着。あなたはどんなことを基準にして選んでいますか?「色がカワイイから!」「デザインがお洒落!」と様々な理由があると思います。実は、下着を変えるだけで運気を呼び寄せるということをご存知でしょうか?

    今回は、幸運を呼びこむ下着選びのポイントをご紹介します。

    ボロボロ下着は運気低迷のもと!今すぐに捨てよう!

    下着はもっとも心に近い衣服。そして直接肌に触れるため、運気にも大きな影響を及ぼすアイテムになります。

    言わずもがなボロボロの古い下着は、恋愛運や出会い運を遠ざける悪アイテム。「最近彼とうまくいってない…」「良い出会いがない…」という方はボロい下着が原因かもしれません。

    持っている下着の数や、洗い方、保管方法にもよりますが、ブラジャーの替えどきは平均120日使用。ショーツの替えどきは平均70日間使用です。3年以上使っているアイテムは「ボロボロ」の枠に入ります。今すぐ買い替えを検討してみましょう。

    色がもたらす運気の効果

    • レッド

    勝負運アップ。「勝負下着!」と言われるように、ここぞというときに来てください。ただ体力を消耗しやすいカラーなので毎日身に付けるのは控えたほうがいいでしょう。

    • ピンク

    恋愛運アップ。恋の運気を勢いよく吸収していきます。女性らしさが高まるカラーです。生理不順の人にはイチオシです。

    • ホワイト

    心を浄化させる効果が。清々しい気持ちになりたいときに着てみてください。

    • ブラック

    危険を遠ざける効果があります。ただし、人との距離を作りやすいカラーになるので、人間関係に悩んでいるときは控えてください。

    • イエロー

    金運だけでなくバストアップにも効果的なイエロー。何かほしいものがあるときに選んでください。

    • グリーン

    健康運アップに効果的。特に明るい色のグリーンは気分転換をしやすく、継続して体力を維持できます。

    • オレンジ

    自信運アップの色。人の目を惹き付けるカラーです。注目を浴びたり、自信をつけたいときにオススメです。

    • ブルー

    成功運がアップする一方で、忍耐力が求められることもある強めのカラーです。すぐ成果がほしい人にはあまりオススメしません。

    • パープル

    センスや魅力運がアップ。落ち着いた大人の色気を出したい人にオススメ。

    • ベージュ

    「安定」や「穏やかさ」という平和な運気を呼び込みます。しかし一方では老化を促進させる効果もあるようです。

    全体運アップにオススメの色はクリーム系

    純白ではなく、ほんのりイエローがかったやわらかな色の下着は、女性としての優しさや女らしさをぐんとアップし、あなたの魅力を開花させてくれます。「もうちょっと上にいきたいな…」と自分の置かれている現状に物足りなさを感じたときに、選ぶのがオススメです。

    素敵な仕事、嬉しい出会い、今までよりワンランクアップした上質な環境にめぐり逢えるかもしれません。

    下着デザインがもたらす運気の効果

    • りぼん

    りぼんには「縁を結ぶ」という運気の効果があります。特にショーツのセンター部分に小さなりぼんがついているものは効果大です。

    花柄や花の刺繍の入った下着は、美容運や恋愛運に効果があります。小花や大きな花など種類があると思いますが、生地上が花で埋め尽されるほどに運気アップに繋がります。

    • レース

    レースが細かく繊細であればあるほど恋愛運に効果的です。逆にほつれてしまったり毛羽立っているものは恋愛運が低下してしまいます。丁寧に扱ってください。

    • サテン素材

    綺麗なシルエットを演出してくれるサテンは、成功運や金運アップに効果的です。そのすべすべとした手触りから男性からの評価を得られやすいようです。

    おわりに

    お部屋の模様替えをするよりも簡単に実行できそうですよね。さっそく下着を変えて…気分も運気もアップさせましょう!

    Twitterで紹介!

    (image by amanaimages)
    (image by PIXTA)
    (image by 足成)
    (image by 足成)

    このライフレシピを書いた人