1. コミュニケーション
    2. ビジネスでの場面、紹介する人の正しい順序

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ビジネスでの場面、紹介する人の正しい順序

    ビジネスで何人か人が集まったとき、紹介する順序は合っていますか?

    仕事で打ち合わせ。ビジネスマンなら多々経験していると思います。ただ、その時にいる人を紹介する順序を正確に把握している人は少ないのではないでしょうか。

    いつも何となく流れに任せてしまっている、という人は参考にしてみてください。

    「立てたい人(目上の人)を最後に紹介する」が基本

    取引先であるA社の営業課長、鈴木さんが我が社を訪ねてきました。私の直属の上司である佐藤部長とは初対面です。鈴木さんに佐藤部長を紹介することにしました。以下の2パターンはどちらが正しいでしょうか。

    その1

    「鈴木課長、私どもの営業部長の佐藤でございます」

    その2

    「佐藤部長、A社の営業課長、鈴木様です」

    正解はその1です。社会人の方なら何となく分かったかもしれません。今後は何となくではなく、以下の基本をしっかり意識しましょう。

    • 身内(目下)から先に紹介し、立てたい人(目上)を最後に紹介する

    これを基本に以下のケースでも正しい順番をまとめてみました。

    身内と他人がいる場合

    身内を先に、他人に紹介する

    自社の人と他社の人がいる場合

    自社の人を先に、他社に紹介する

    地位に上下がある場合

    地位が下の人を先に、上の人に紹介する

    年齢差がある場合

    若い人を先に、年配者に紹介する

    訪問先で同行者がいる場合

    同行した人を先に紹介する

    同じ地位の男性と女性を紹介する場合

    一般的には男性を先に紹介する。ただし特に意識せず状況や立ち位置によって判断すること

    さいごに

    これは初対面での挨拶の基本です。最初に無礼がないよう、常識がない人と思われないようにしっかりと把握しておきましょう!

    関連ライフレシピ

    このライフレシピを書いた人