1. 料理
    2. にんにくと豚肉でがっつり系!ポークソテーの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    にんにくと豚肉でがっつり系!ポークソテーの作り方

    がっつり系の食材と言うと、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか。筆者が第一に思い浮かべるのはにんにくで、次が豚肉です。

    満足したい!という時にぴったりな、ポークソテーの作り方をご紹介します。

    材料(4人分)

    • 豚肩ロース肉:4枚
    • にんにく:2~3片
    • キャベツ:3~4枚
    • 塩:小さじ1
    • 胡椒:小さじ0.5
    • オリーブオイル:大さじ1
    • ウスターソース:大さじ2

    作り方(調理時間:20分)

    STEP1:キャベツを切る

    キャベツの葉を千切りにして、ボウルに張った水にさらしておきます。

    STEP2:にんにくを切る

    にんにくは芽を取り除いて、スライスします。

    STEP3:肉の下ごしらえ

    肉に、1cm間隔くらいの格子状に浅く切り込みを入れます。裏面にも同じように切り込みを入れます。

    塩と胡椒を振って、しっかりと下味をつけます。

    STEP4:にんにくをローストする

    冷たいフライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、弱めの中火にかけます。にんにくが色づくまで1~2分ほど火を通します。

    にんにくをキッチンペーパーに取り出し、油を切っておきます。

    STEP5:肉を焼く

    にんにくの香りが移った油をフライパンになじませ、強火で豚肉を焼きます。焼き色が付くまで1分焼きます。

    裏返して、もう片面も1分焼きます。

    裏面にも焼き目が付いたら、弱火にしてフタをし、2分ほど蒸し焼きにします。

    STEP6:肉を休ませる

    フライパンから肉を取り出し、アルミホイルで包んで5分間肉を休ませます。

    肉を休ませることで、肉汁が落ち着き、しっとりとした仕上がりになります。

    STEP7:ソースを作る

    フライパンに残った豚の油を使って、ソースを作ります。

    フライパンを中火にかけ、ウスターソースを入れ、煮立たせます。軽く木べらでフライパンをこすって、焦げをこそげ取ってください。

    煮立ったら、器に取り出してください。

    STEP8:キャベツを軽くチンする

    キャベツの水をざるで切り、耐熱容器に入れて500Wで20~30秒ほどレンジにかけます。

    STEP9:出来上がり

    お皿によそって、油を切ったにんにくチップを散らします。ソースを軽くかけて召し上がってください。

    豚肉から出た旨味と合わせたソースは、肉にも当然合いますが、キャベツとの相性も抜群です。

    丼にするとこのような感じになります。温泉卵を添えると、更にがっつりとした感じになります。

    作り方のコツ

    肉を休ませる

    強火で両面を焼いた後に、アルミホイルで包んで肉を休ませると、肉汁が落ち着いてしっとりとした感じになります。

    キャベツを軽くチンする

    冬のキャベツはちょっと固めなので、500Wで20秒ほどチンするとしんなりとして食べやすくなります。

    おわりに

    シンプルな味付けをした豚肉に、にんにくとウスターソースを使ったソースがとてもマッチして美味しいです。

    しっかりと食べて、元気に頑張りましょう!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人