1. 雑学
    2. わさびはお醤油で溶いちゃダメ!?和食マナーの意外なNGと意外なOK

    わさびはお醤油で溶いちゃダメ!?和食マナーの意外なNGと意外なOK

    会席や取引、パーティ、お呼ばれ…大人になるにつれ、様々な場所で和食を食べる機会が増えていきますよね。

    そんな和食をきちんとしたマナーで食べるための「意外とNG」なこと、「意外とOK」なことをご紹介します。

    和食のマナー!意外とNG編

    着席から気をつけよう!

    上座・下座を気を付けるのはもちろんのこと、座布団や敷居を踏むのもNG

    勝手に座布団に座るのもいけません。お相手に薦められてから座りましょう。

    一番奥の掛け軸やお花がある席が上座です。社長さんなど、一番のゲストを上座にご案内しましょう!

    お吸い物の具はほぐしちゃだめ!

    最初に出てくるお吸い物。出汁の風味を味わうために、まずは具をほぐさずに出汁をあじわいましょう!

    出汁を味わったあとから、具材をほぐしていきます。出汁だけのおつゆとはまた違った味わいが楽しめますよ。具材は箸で一口大に切ってから頂きます。

    蓋を手皿代わりに使ってもいいそうです。

    ワサビはお醤油に溶かさない!

    お造りが出てきた場合、ワサビをお醤油に溶かしてはいけません!ワサビはお刺身に直接つけて、そのあとでお醤油をつけましょう。

    まずはイカや白身の淡白なものから食べ始め、赤身のような味の濃いものへ食べ進めていくと◎!

    煮物の汁は垂らさないように!

    煮物もお吸い物と同じく、具材を一口大に切ってから頂きましょう。

    このとき、煮物の汁をポタポタ垂らすのはNGです!器の蓋をお皿代わりにして頂きましょう。

    揚げ物は切らずにかじれ!

    天ぷらなどの揚げ物は手前から食べましょう!

    塩をつけて頂く場合は、盛られた塩に直接食べ物をつけるのはNGなんです。「少量を手にとってぱらぱら振りかける」というのが正しいマナーなんですね。

    また、お吸い物と違ってエビなどをお皿の上で切るのもNG!箸で無理に切るくらいならかじりついてしまいましょう!

    天つゆで頂く場合、おつゆの器は手で持ってOKです。

    お魚はひっくり返さないように!

    煮魚や焼き魚を頂く時に一番してはいけないのが、お魚をひっくり返すこと。これは洋食・和食共通のマナーです。

    取り除いた骨はお皿の向こう側や端に寄せておくといいですね。

    ご飯は香の物と一緒に食べない!

    炊き込みご飯やつやつやの白米を頂けるご飯ものは、一緒に香の物がでてきます。ですが、香の物をご飯の上に乗せてはいけないのです!

    また、お茶碗に口をつけるのもNGですので気をつけましょう!

    ちらし寿司の場合は?

    たまに出てくるちらし寿司。大抵の場合お醤油とワサビがついてきますが、お醤油を、ちらし寿司に回しかけるのはNGなんです!

    そのつどお魚にワサビをつけて、それをお醤油につけ、酢飯と一緒に頂きましょう!

    和食のマナー!意外とOK編

    ここまでNGを列挙すると、「やっぱり和食ってマナーが多くて堅苦しいな」と思う方がいらっしゃるかもしれません。

    ですがこの「意外とOK」編を見ると少し気持ちが楽になるかと思います。

    お皿はほとんど持って食べてOK!

    和食ですと、メイン料理に使われる大きいお皿以外ならほとんどのお皿を持って食べていいんです!洋食や中華料理はお皿を持つのはマナー違反なので、ちょっと戸惑うところですが安心しましょう。

    お椀物はもちろん、お造りにつけるお醤油や揚げ物につけるおつゆの器も持って食べてOK!

    ちなみに手皿はマナー違反!お椀の蓋や小皿を使って、ポタポタとつゆや汁が垂れるのを防ぎましょう。

    煮物や茶碗蒸しは口をつけて汁を飲んでもOK!

    「口をつけて飲む」って、なんとなくマナー違反のように思われがちですが実はOK!茶碗蒸しや酢の物も口をつけて飲んでいいんです。

    中華料理などでは「もう食べきれない」という意味で少しだけ残すことが美しいマナーとされていますが、和食は逆に「残さず食べる」ことが美徳とされています。

    美味しいと感じたお汁はためらわずに飲んでしまいましょう!

    おわりに

    いかがでしたか?意外なNGと意外なマナー。音を立てず、ナイフとフォーク・スプーンだけで食べる洋食とは全く別のマナーが必要なのがわかりますね。

    いつ正式な場やマナーが求められる場に際しても慌てる事のないように、しっかりとしたマナーを覚えていたいですね!

    (image by PIXTA)
    (image by amanaimages1 2)
    (image by 足成 1 2 3 4)

    このライフレシピを書いた人