1. 暮らし
    2. 古民家博士に聞いた!古民家での寒い季節の過ごし方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    古民家博士に聞いた!古民家での寒い季節の過ごし方

    古民家で辛いのは、やはり寒さ。古民家博士に、冬の古民家での過ごし方を伺いました!

    本記事は、住まい教育推進協会のご協力により、2014年に執筆されたものです。

    Q.窓からすきま風が入ってきます……

    窓からのすき間風や冷えは、カーテンで対処してみましょう。布地のものとレースのものを二重に掛けているなら、二枚とも厚手の生地のものに替えてみてください。

    その際、腰高窓では枠より10㎝くらい長く、掃き出し窓ならカーテンの裾が床に付くくらいに、長めにするのがポイントです。

    Q.寒い夜。水道が凍ってしまいました。

    朝、水道から水が出ない……ショックですね。気温が上がるのを待つか、ドライヤーの温風などで蛇口を暖めゆっくり溶かしてください。直接熱湯をかけたりすると、蛇口が破損してしまいます。

    凍結させないためには、夜間は水道から少しだけ水を出し続けるようにしましょう。さらに、水道管に毛布などを巻いて保温すると良いでしょう。

    毛布の代わりにアルミホイルでも代用できます。意外な保温効果を発揮しますし、汚れたら簡単に取り替えられますよ。

    (image by PIXTA)

    このライフレシピを書いた人