\ フォローしてね /

牛乳パックで冷凍!さっぱりした「苺のヨーグルトアイス」のつくり方

材料を混ぜて牛乳パックで冷やすだけのお手軽レシピ「苺のヨーグルトアイス」の作り方を紹介します。見た目もピンク色で可愛らしいので、ぜひ楽しんで作ってみてください。
nanapi
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapinanapi
  • ここがオススメ!

    いちご・ヨーグルト・生クリーム・砂糖をかき混ぜて牛乳パックに入れて冷やし固めれば完成!ミキサー不要で豪華なデザートがつくれちゃう!

  • ここが便利!

    保存もそのまま牛乳パックでできるので、食べ切らなくちゃ!と焦らなくて大丈夫。食べたい分だけ切り分ければOK

  • こんなときに!

    こった料理じゃなくても家族が喜んでくれるので、夏休みやお誕生日、お家でパーティーする日に絶賛おすすめ!

材料を混ぜて牛乳パックで冷やすだけのお手軽レシピ「苺のヨーグルトアイス」の作り方を紹介します。

見た目もピンク色で可愛らしいので、ぜひ楽しんで作ってみてください。

材料(4~5人分・出来上がり450ml分)

アイスクリーム材料

  • 苺…180g
  • ヨーグルト…200g
  • 生クリーム(植物性でも可能)…100ml
  • 砂糖…大さじ4

飾り用材料

  • 苺…適量
  • 苺ジャム…適量
苺以外のフルーツでも
使用するフルーツを苺からブルーベリーやラズベリーなどに変えてもおいしく作れます。

用意するもの

  • 牛乳パック…1個(綺麗に洗ったもの)
牛乳パックは冷凍庫のスペースに合ったものを
500mlパックと1000mlパック、どちらでも大丈夫です。ご家庭の冷凍室のスペースに合ったものをお使いください。

作り方(調理時間:10分 ※冷やし固める時間除く)

STEP1:苺を切る

アイスクリーム材料分の苺の1/3量(60g)を1cm角に切ります。

STEP2:残りの苺をつぶす

残った苺(120g)をボウルに入れ、フォークの背でつぶします。

少しくらい苺のかたまりが残っていても大丈夫です。

STEP3:乳製品を加える

STEP2のボウルにヨーグルトと生クリーム、砂糖を加え、スプーンなどで混ぜます。

材料がムラなく混ざれば大丈夫です。

STEP4:角切り苺を加える

角切りにした苺を加え、軽く混ぜ合わせます。

やさしく混ぜる
混ぜ合わせるときは、苺の形が壊れないようにやさしく混ぜるようにしましょう。

STEP5:アイスクリーム液を牛乳パックに入れる

アイスクリーム液をこぼさないようにスプーン等を使って牛乳パックに流し入れます。

STEP6:冷やし固める

牛乳パックの口をクリップやガムテープ等で封をして、冷凍室で冷やし固めます。5~6時間で固まります。

倒れないように注意
牛乳パックが転倒しないように平らな面に置き、周囲に他の食品を置いて固定すると安心ですよ。

STEP7:切る

包丁を使い、アイスクリームを牛乳パックごとお好みの厚さに切ります。

固くて切れないときは?1
固くて切れない場合は10分ほど常温で置いておくと切りやすくなります。また、包丁をお湯で温めても切りやすくなります。

食べきれなかった残りは、ラップをして輪ゴムで留めれば再び冷凍室で保存できます。

STEP8:盛り付けて完成!

牛乳パックを取り外したアイスクリームを皿に盛り、飾り用の苺や苺ジャムを添えたら完成です。

あればミントの葉も添えれば、お店で出てくような美しい見た目になります。さっぱりしたヨーグルトアイスに苺ジャムがよく合いますよ。

来客用にもおすすめ!

さっぱりとした甘さのデザートなのでおやつや食後はもちろん、来客時にお出ししても喜ばれることでしょう。

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

追記した箇所一覧

  • 12018年06月07日「固くて切れない場合」について追記しました。
このライフレシピを書いた人

Twitterで紹介!

Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。