\ フォローしてね /

女の子のための祭りじゃなかった?!子どもにも教えたい「ひな祭りの由来」とは

3月3日は桃の節句・ひな祭りですね。

女の子の健やかな成長を祈る行事として全国で定着をしていますが、みなさんはこのひな祭りが実は「女の子のため」のものではなかったと知っていますか?

そんな気になるひな祭りの由来について、本記事ではご紹介をしたいと思います。

ひな祭りのルーツ

ひな祭りは、もともとは中国で行っていた邪気払いの風習が遣唐使によって、日本に伝来したと言われています。

3月は季節の変わり目であり、災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられていたことから、日本の神事と結びついたそうです。

平安時代に入ってからはこの邪気払いの儀式が災厄を祓う宮中行事となり、人の形をした紙や草木に自分の穢れを移して、川に流す儀式へと変化していきました。この行事は「流し雛」と呼ばれ、今でも京都など一部の地域で毎年行われています。

江戸時代から「女の子のもの」に

この3月初旬に行う宮中行事が時代の変化ととも武家社会に浸透し、室町時代に3月3日が祓いの行事の日として固定されたそうです。

今のような女の子のための祭りになったのは江戸時代だと言われています。徳川幕府によって、五節句と言われる重要な年中行事が年に5日定められました。

五節句

  • 人日の節句(1月7日)
  • 上巳の節句(3月3日)
  • 端午の節句(5月5日)
  • 七夕の節句(7月7日)
  • 重陽の節句(9月9日)

もともと3月の「上巳の節句」は男女の区別のない邪気払いの行事でしたが、「端午の節句」が男の子の節句として定着し始めるようになり、遅れて3月3日が女の子の節句として定着するようになったと言われています。

「桃の節句」の意味は?

「桃の節句」という別名が定着していますが、この名称は桃の開花時期に重なっているという理由の他に、桃の木は邪気を祓う神聖なもののため節句を祝うのにふさわしいという事から、この名称で呼ばれるようになったそうです。

雛人形の登場

もともと平安時代に宮中の子女が遊ぶものの中に「雛あそび」という人間の形をかたどった小さな人形があったそうです。

この「雛あそび」と「身代わりとなる人形」が結びついて、江戸時代には節句の儀式としての雛遊びが全国に広まり、飾られるようになってから「ひな祭り」が誕生した言われています。

「ひな祭り」は災厄を人形に身代わりにさせるという意味合いが含まれ、家財として大事にされる中で、人形制作の技術進歩とともに自然と華美で贅沢なものに変化していったそうです。

また、雛人形の贅沢さがその家の家財の象徴と見られるようになり、最初は内裏雛だけだったのもが2段、3段とひな壇が増えていくことになったそうです。

ひな祭りの食べ物の意味

菱餅

赤・白・緑の3色のものが多く、菱型に切った餅が重なってできています。今の形になったのは江戸時代からと言われています。

赤い餅は「桃の花・生命」を表し、白い餅は「残雪」、緑の餅は「新芽」を表しているそうです。

また、赤色は先祖を敬い厄を祓うという意味や解毒作用のあるクチナシの実で色付けをすることで健康を祝うという意味もあるそうです。

白い餅にはヒシの実を使用し、血圧低下の効果洗浄を表すと言われています。緑の餅は増血効果があるヨモギを使用していると言われています。

雛あられ

雛あられは、平安時代に子女が「雛遊び」を楽しむ際に携帯した食料が雛あられの由来になっているそうです。

一説では、菱餅を外で食べるために砕いてできたものが「雛あられ」だとも言われています。その他にもお雛様に春の景色を見せてあげるために、白(残雪)・赤(桃の花・生命)・緑(新芽)の美しい彩りになったと言われています。

現在では、雛あられを食べることで自然界のエネルギーを授かり、健やかに成長できるようにという願いが込められています。

おわりに

季節の変わり目の3月は邪気が入りやすく、邪気を祓うための行事が今の「ひな祭り」の由来だったとは驚きです。

また、ひな祭りに食べるお菓子にも意味があり、知れば知るほど「ひな祭り」は奥深いなと感じますね。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。