1. 趣味
    2. 【はじめてのベランダ菜園】ジャガイモを作る準備をしよう!事前チェック5項目

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    【はじめてのベランダ菜園】ジャガイモを作る準備をしよう!事前チェック5項目

    煮物やカレーなど、食卓でお馴染みのジャガイモ。ホクホクとした食感は、ほっこり安心させてくれますよね。

    実はこのジャガイモ、2~3ヵ月ほどの比較的短い栽培期間で、種イモの5~10倍もの量が収穫できるお得な野菜なのです。植えてしまえば意外と簡単に育てられるので、この春、ベランダ菜園にチャレンジしたいという方にオススメです。

    本記事は、アース製薬の企画協力のもとに、2014年にnanapi編集部が執筆したものです。

    ジャガイモの基本情報

    和名 ジャガイモ
    科名 ナス科
    栽培難易度 やさしい
    収穫までの期間 約90日
    主な病気 特になし

    この記事では、ベランダでジャガイモを育てたい人のために、ジャガイモ栽培のポイントをまとめてご紹介します。

    1:ジャガイモ栽培に必要なスペース

    深めのプランターを用意しよう!

    ジャガイモを栽培するときのプランターは、サイズが大きめで深型のものを用意しましょう。容量は45Lが目安です。お米の袋や肥料、培養土の袋などでも育てられますよ。ただし、袋の場合は水はけをよくするために袋の底に穴をあけてください。

    またプランターを置く場所は、プランターより少し広い(約10cmほど)スペースのあるベランダなら大丈夫です。

    ジャガイモは増し土を頻繁に行うので、浅型のプランターは向いていません。

    2:ジャガイモ作りに向いている土

    ジャガイモはどんな土でも育てやすい!

    ジャガイモは、比較的どんな土でも育てやすい野菜です。ただし、ナス科の野菜は連作障害があるので、種イモを植える土は毎回新しいものが良いでしょう。

    連作障害とは、同じ土で連続して作物を作ることで、微生物のバランスなどが偏り、作物が生育不良になってしまう障害のことです。

    市販の野菜培養土で手軽に

    市販の野菜培養土ならすぐに植え付けできるので便利です。ジャガイモは湿気を嫌うので、水はけのよいタイプの土を選びましょう。

    また、後から肥料を追加するより、すでに肥料がブレンドされた「元肥タイプ」の培養土を使うと簡単です。土に手持ちの肥料を追加する場合は、10Lの土に20gの化成肥料をよく混ぜて使うようにしましょう。

    元肥とは、植物の苗や苗木を植え付けるときなどに、事前に混ぜ込む肥料のことをいいます。

    3:育てはじめに適した環境

    植えつけ時期

    春の植え付けは2月下旬~3月上旬が目安です。ジャガイモは湿度に弱く、梅雨時は成長中のイモが腐る可能性があるため、梅雨に入る前に収穫するのがポイントです。秋植えの場合は、8月下旬~9月上旬に植えて、その年の11月~12月頃に収穫が出来ます。

    ジャガイモは、1年を通して栽培が楽しめます。

    適した気温

    ジャガイモの生育適温は、15~24℃です。20℃前後が最もよく育ちます。

    ジャガイモは17℃前後でイモの形成が始まり、30℃以上になるとイモは形成されません。日当たりがよく、風通しのよい場所に置くようにしましょう。

    4:専用の種イモを買う

    ジャガイモを育てるにはまず種イモを用意します。食用のジャガイモを種にして育てると、ウイルス病にかかっていて生育が悪かったり、収穫できなかったりする場合があります。初心者の方は、園芸店や種苗店で専用の種イモを購入して植えつけましょう。

    種イモを買ったら、植え付ける1か月前から日光に当てて、丈夫な黒紫色の若芽を伸ばしてやると良いでしょう。発芽促進、黒あざ病菌の予防になりますよ。

    ウイルス病を防止するために、初心者は専用の種イモを使うのがおすすめです。

    5:初心者に向いている品種

    ジャガイモはさまざまな種類が開発され、ベランダ菜園でも楽しめるようになっています。

    例えば、「男爵」はでんぷんが多く、ホクホクした食感が特長です。潰して利用する料理には最適なジャガイモです。

    「メークイン」は煮崩れしにくいため、カレーやシチュー、ポトフなどの煮込み料理に最適なジャガイモです。

    最近人気の「キタアカリ」は、ビタミンCを豊富に含み、小振りですがしっかりとした甘みがあります。コロッケやポテトサラダなどにピッタリです。

    赤い色が特徴の「ノーザンルビー」には、アントシアニンという抗酸化作用のあるポリフェノールも含まれていますよ。

    おわりに

    ポイントをおさえれば、準備も簡単で育てやすいジャガイモ。主食にもおかずにもなる頼れる野菜なので、ぜひベランダで育ててみてください。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人