\ フォローしてね /

【はじめてのベランダ菜園】ジャガイモの植え付けは種イモから

煮物やカレーなど、食卓でお馴染みのジャガイモ。ホクホクとした食感は、ほっこり安心させてくれますよね。

実はこのジャガイモ、2~3ヵ月ほどの比較的短い栽培期間で、種イモの5~10倍もの量が収穫できるお得な野菜なのです。植えてしまえば意外と簡単に育てられるので、この春、ベランダ菜園にチャレンジしたいという方にオススメです。

ジャガイモの基本情報

和名 ジャガイモ
科名 ナス科
栽培難易度 やさしい
収穫までの期間 約90日
主な病気 特になし

ジャガイモを健康に育てるためには、はじめの植え付けが肝心です。こちらの記事では、種イモの切り方から植えつけまでをご紹介します。

本記事は、アース製薬の企画協力のもとに、2014年にnanapi編集部が執筆したものです。

ジャガイモの元?種イモとは

ジャガイモは、ジャガイモそのものが種となります。種イモとして売られているイモは食用と違って、売られている間に発芽しないようにするための処理がされています。

種イモとして最適なイモとは?

種イモで伝染するウイルス病があるので、市販の検査済み種イモを購入することをおすすめします。スーパーで売っている食用のジャガイモを種にすると、病気になりやすく収穫できない場合も多いため、栽培初心者には扱いが難しいでしょう。

まずは、ホームセンターなどで種イモとして売られているものを買いましょう。休眠から覚め、芽が2~3個出てきたものが植え付けの種イモとして最適です。

種付けに向かない種イモ:皮にしわが寄って、芽が一箇所に集中しているもの。
良い種イモ:皮にハリがあり、芽が分散しているもの。

種イモの下準備

種イモは日に当てるとよりよいイモに

植え付けの1ヵ月前に種イモを日光に当てましょう。発芽が早くなるため収穫時期を早め、茎数を増やすことで収穫量も増します。また、丈夫な黒紫色の若芽を伸ばしてやると、発芽促進、黒あざ病菌の予防にもなります。

種イモの切り方

種イモは30~40g位の大きさが適当とされています。そのため、60gの種イモ(卵ぐらいの大きさ)なら2つ切りに、100g位の種イモなら3つ切りにしましょう。

芽が集中している部分は切り落として、カットした部分を頂点に、芽数が均等になるように縦に半分に切るといいですよ。各片に2~4個の芽を残して切るようにしましょう。

秋植えする場合は腐りやすいので、小さい種イモを選んで、切らずにそのまま使うのがコツです。

切った後の処理

大きな種イモは切り分けた後、防腐処理としてカット面に「ケイ酸塩白土」か「草木灰」をつけます。ない場合は2~3日ほど風通しのよい日陰に置き、切り口を乾かすと発芽が良くなります。

ケイ酸塩白土は、不純イオン・不良ガスの吸着と除去、酸度調整、静菌作用、毛細根の生長促進などにより、水質・土質を浄化して根腐れを強力に防止します。
草木灰は特に木を燃やしたもので、アルカリ性が強く、殺菌効果、土壌や作物の消毒にも効果があります。また、植物が必要とするさまざまな微量要素を含み、良質な肥料として使われています。

種イモの植え付け方

植え付けに最適な時期と環境

春作では2月下旬~3月、秋作では8月下旬~9月中旬が植え付け時期です。ジャガイモの植え付けは、よく晴れていて、土も乾いている日に行うようにしましょう。湿っていると、腐る原因になります。

植え付けの方法

植え付けは、切った種イモの切り口を下にして7~8cmの深さに植えつけます。種イモと種イモの間隔は20~30cm空け、5~7cmほど土をかぶせて、軽く手のひらで押さえておきましょう。

元肥タイプの培養土を使わない場合は、この時点で元肥をしてもいいでしょう。その場合、種イモの間に肥料を30gほどまいて、5~7cmほど土をかぶせて軽く手のひらで押さえておきましょう。その後、土が乾いていたら水やりをして植え付け完了です。

おわりに

植えつけに最適な種イモの選び方や、植えつけの方法をご紹介しました。ジャガイモを大きく育てるためには、これらの下準備がとても大切です。健康なジャガイモを育てて、たくさん収穫しましょう!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。