\ フォローしてね /

【はじめてのベランダ菜園】湿気に注意!ジャガイモを病気から守る方法

煮物やカレーなど、食卓でお馴染みのジャガイモ。ホクホクとした食感は、ほっこり安心させてくれますよね。

実はこのジャガイモ、2~3ヵ月ほどの比較的短い栽培期間で、種イモの5~10倍もの量が収穫できるお得な野菜なのです。植えてしまえば意外と簡単に育てられるので、この春、ベランダ菜園にチャレンジしたいという方にオススメです。

本記事は、アース製薬のご協力により、2014年に執筆されたものです。

ジャガイモの基本情報

和名 ジャガイモ
科名 ナス科
栽培難易度 やさしい
収穫までの期間 約90日
主な病気 特になし

あまり病気の心配のないジャガイモですが、主に湿気が原因でイモ部分が変色・変形する病気になることもあります。この記事では、ジャガイモの病気と対策についてまとめてみました。

ジャガイモがかかりやすい病気

疫病

疫病は5月~10月に発生します。葉に大きな褐色の病斑が急速に現れるのが特徴です。その後、葉や茎の表面に白いカビが生えたり、病斑が茶褐色に変わったりして次第に枯れます。同様の斑点が茎にも発生し、上部が枯れてしまいます。

モザイク病

モザイク病は、葉が黄色くなったり、緑色の濃淡のあるモザイク症状になったりするのが特徴です。アブラムシで媒介される病気なので、害虫対策をして防ぎましょう。

病気になってしまったら

対策・他の株への感染防止

もし病気になってしまったら、他の株への感染を防ぐために薬剤をまきます。病株は抜き取って捨てましょう。

また、雨で土が跳ね返りジャガイモの葉や芽につくと、病気になりやすく育ちにくくなります。敷きわら等で土の跳ね返りを防ぎ(すだれなども利用可能)ビニール等で雨よけをする対策が効果的です。

薬剤選びのポイント

疫病は予防が大切です。5月から6月に、1週間おきくらいに2~3回、「ダイセン」「ダコニール」「マンネブダイセン」などの薬剤を散布しましょう。

ソウカ病に用いる薬剤は、「スキャブロック」「ネビジン」「フロンサイド」を用います。収穫期近くになってからの病気なら、銅水和剤を散布すると良いでしょう。銅水和剤は自然界に存在するもので、環境ホルモンを出さず、殺菌することができます。

どの病気も発生を防ぐために「連作をしない(2~3年以上)」「土壌の排水と通気を良くする」「pH調整を行う」ことが大切です。

薬剤の取り扱い注意点

薬剤を取り扱う時は体調の良い日にし、使用量を守り、直接触らないように手袋をするようにしましょう。また、風邪の強い日は避け、使用した道具は洗浄してから片づけると、違う薬剤と混ざることがなく安心です。

薬剤を廃棄する場合は、パッケージの使用注意を守りましょう。水で薄めて使用する薬剤などの場合、作り過ぎないように注意するのが一番ですが、もし薬剤が余った場合は下水などに流さないようにして下さい。

薬剤は便利ですが、危険物でもあります。取り扱い説明をよく読み、厳重に取り扱いましょう。 

おわりに

ジャガイモは、病気や害虫を防ぐためにしっかり対策することが大切です。育てる過程で予防をしておけば、健康的で美味しいジャガイモを育てることができますよ!

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。