\ フォローしてね /

フライパンひとつで作れる!塩昆布を使ったフィデウアの作り方

和の食材である昆布ですが、パスタとも相性が良いことを知っておられる方は多いと思います。

ここではフライパンひとつで作ることができる、塩昆布を使ったフィデウア(パスタを使ったパエリアのようなもの)の作り方をご紹介します。

材料(2人分)

  • 塩昆布:大さじ2~3
  • ベーコン:50g程度
  • キャベツ:2~3枚
  • パスタ:200g
  • 醤油:小さじ1/2
  • バター:1cm角程度
筆者はブロックのベーコンを使いましたが、スライスのベーコンでも大丈夫です。

作り方(調理時間:20分)

STEP1:キャベツを切る

キャベツの葉を太めの短冊切りにします。芯はスライスします。

もったいないので、キャベツの芯も使います。

STEP2:ベーコンを炒める

冷たいフライパンにベーコンを敷いて、弱めの中火で炒めます。ちりっとするまで2~4分程度炒めます。

STEP3:材料をフライパンに乗せる

火を切って、材料をフライパンに乗せます。

半分に折ったパスタをフライパンに敷き詰め、炒めたベーコンを乗せます。

その上に、塩昆布を散らします。

スライスしたキャベツの芯を散らします。

STEP4:水を入れる

パスタがひたひたになる程度に水を入れます。

水の量は、フライパンの形状やパスタの太さによって変わります。筆者の場合は24cmのフライパンに、1.6mmのパスタを200g入れて、水を2カップ入れました。

STEP5:パスタを炊く

コンロに火を点け、強火で沸きたつまで熱します。

沸騰したら、火を弱火に落としてフタをします。袋に書いてある茹で時間+2分間ほど、弱火で炊いていきます。

STEP6:キャベツの葉を入れる

茹であがりの3分前にキャベツの葉を入れて、またフタをします。

STEP7:味をつける

炊き終わったらバターを散らして、醤油を回しかけます。

STEP8:和える

バターと醤油がまわるように、ざっと和えます。

STEP9:できあがり

お皿によそって出来上がりです。

作り方のコツ・注意点

塩昆布でしっかりと味が付くので、注意するところは水加減だけです。

パスタを炊いている間に水分が足りなくなると、ぐつぐつ言っていたのが、ぱちぱちという音に変わります。その場合には、水を少量(50cc程度)足してください。

逆に水が多いと、STEP7の時点で水が残っていると思います。その場合は、フタを外して火を強め、水気を軽く飛ばしてください。

おわりに

フライパンひとつで作ることができますので、洗い物の手間が少なくて済みます。簡単に作ることができますので、是非、試してみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。