1. 趣味
    2. 子どもの卒業式・入学式で何着る?この春悩まないための「おしゃれママ」のポイント

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    子どもの卒業式・入学式で何着る?この春悩まないための「おしゃれママ」のポイント

    冬を抜ければ春、入学と卒業、進学と入社、新たな旅立ちの季節です。

    親としては子の成長を見るためになんとしても出席したい卒入学式ですが、ここで悩むのが服装です。スーツと着物どっちがいいの?色は何色がいい?どうせなら「おしゃれママ」と思われたい!ここでは、卒入学式における保護者向けの服装について、抑えておくべきポイントをご紹介します。

    卒入学式で抑えておくべきママファッションのポイント

    どんな雰囲気の格好がいいの?

    主役は子どもですから、派手ではないフォーマルな服装が基本です。ジャケットなどの上着は必須。卒業式と入学式では式の種類が違うので、それぞれで雰囲気を変えても良いと思います。卒業式は「別れ」の式なので落ち着いた雰囲気のデザイン、入学式はお祝いの席なのでもう少し華やかにといった具合です。

    どんな色がいいの?

    前述したように、卒業式は「別れ」の式ですので、落ち着いた色がベストです。黒、紺、グレーのものが一般的に着られているようです。入学式は卒業式よりは華やかさや春っぽさを出しても良いでしょう。カラーはベージュ系やピンク系が主流で、淡いブルーなども人気だそうです。

    卒入学式で同じ服装はNG?

    春は何かとお金が必要になるので、余計な出費をしたくないですよね。もしスーツを1着しか持っていないのであれば、それを工夫して着回すといいでしょう。ジャケットの中に来ているものやコサージュ、アクセサリーなどを変えたりするだけで印象は変わってきます。

    セットスーツ

    卒業式

    洋服なら、必ずジャケットなどを着用しましょう。カーディガンなどのパーティースタイルはNGです。卒業式は落ち着きが第一ですが、全身が黒くなりすぎると喪服っぽくなってしまうので少し注意が必要です。

    パンツスーツでもOK。かっこいい系のお母さんに人気かもしれません。ただ、一般的にはスカートやワンピースのほうが式典向きではあります。

    入学式

    お祝いの式は華やかに春らしい服装で行きたいですよね。ジャケットなどのマナーはしっかり守りつつ、その範囲でおしゃれしましょう!

    カラーは前述したようにベージュ系やピンク系が人気です。ただし、幼稚園などの入園式ではパステルカラーが多くても、中学高校の式となると少数派になってくるようです。校風にもあわせてカラーを選びたいですね。

    暗めの色でも、おとなしめのレースやフリルがついているとそれだけで華やかさが増します。明るい色をあまり着ない方は、デザインで工夫してみましょう!

    ロングスカートやミニスカートはNGです。

    着物

    着物には、訪問着、付下げ、色無地などの種類があります。訪問着や色無地が卒入学式にはふさわしいとされていますが、柄などで変わってくるので、着物に詳しくない方は専門家や詳しい知人に聞いてみると良いと思います。

    年齢によっても選ぶ着物は違ってきます。ヤングミセスは訪問着、ハイミセスは落ち着いた小紋がおすすめです。

    ポイントとしては、帯選びです。着物より1ランク上の帯で、着物が薄めの色なら濃い色を選ぶとGOOD。着物が大柄なら帯は小柄など、着物と逆のデザインを選ぶといいそうです。

    洋服より和服の方が暖かいそうです!

    小物

    バッグ

    カジュアルでないバッグを選びます。ブランドものなら間違いないと思った方は要注意です!ブランドのロゴがドーンと主張されているものは、かしこまった式にふさわしくありません。

    ブランドに関係なく、布や革製で、無地のフォーマルなバッグがベストです。エナメルなどテカテカしたものやラメ入りでキラキラしたものは、できれば避けたほうが良さそうです。

    靴・ストッキング

    ヒールがまったくなかったり、高すぎるものは避けましょう。ヒール5cmくらいのパンプスがオススメです。バッグと色を合わせるとキレイにコーディネートされます。

    ストッキングはヌードベージュを選ぶとGOODです。柄物や素足、厚いタイツは式典にふさわしくありません。

    アクセサリー

    金色のジャラジャラしたアクセサリーは品がないように見えてしまいます。式ではパールネックレスがおすすめです。指輪も余計なものはつけず、結婚指輪だけにしましょう。

    コサージュも上品なアクセサリーです。派手すぎないコサージュを服装に合わせてコーディネートしてみてください。

    あくまで主役は子供

    主役は我が子でも、他のママさんの服もちゃんとチェックしているのが女性ですよね。ぬかりない服装で、自信を持って式に参列してくださいね!

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人