\ フォローしてね /

身近なもので手軽にできる!モルモットの防寒対策のやり方

寒い季節は人間だけでなくペットも寒いもの。犬のように洋服を着ることが難しいモルモットのために、飼い主外出で部屋をエアコン、ストーブ等で暖められない場合のお手軽防寒対策をご紹介します。

著者が飼育しているモルモット

  • ペルビアンモルモット(オス) 1歳
  • クレステッドモルモット (オス) 1歳半

手軽にできるモルモットの冬支度3選

1:バスタオルをゲージの上からかける(お手軽度:★★★)

モルモットゲージの上にバスタオル上のものをかけます。

これは寒さ対策もありますが、リビング等の明るい時間の長い場所(室内での飼育環境にもよる)で飼育を行っている方は、朝と夜の切り替えのために使うにも最適です。

野生のモルモットは集団で群れを作り、外敵から身を守りながら生活してきた動物です。そのため、昼間は外敵から身を守るため物陰に隠れて生活し、夕方から夜に活動する習性があります。

モルモットの生態を考えストレス無い環境を作ってあげましょう。

2:ビニールシートをかける(お手軽度:★★)

10月末~11月初旬にもなるとバスタオルだけでは厳しいので、バスタオルのかわりにビニールシートをかけて覆いましょう。それだけでも隙間風が防げるので、温かさも格段に上がります。

また、我が家ではビニールシートの上からバスタオルをかけてあげる、ストレス無い環境作りも継続して行います。

ビニールシートはあくまでもうえからかけるだけです。テープ等で風が通らないように塞いでしまうと、モルモットが酸素不足になってしまう可能性がありますので注意してください。

3:文明の利器「ヒーター」を入れる(お手軽度 :★)

寒さ本番を迎えるころには、ヒーターが必要だと思います。

小動物ヒーターも大きく分けて2タイプあり、コンセントにさして使用でき、モルモットがヒーターの上にのり温まるタイプと、プラスチックケース内に使い捨てカイロを入れて使用するタイプのものです。

飼育されているモルモットのかじりクセ等を把握し、適したヒーターを選んであげましょう。

費用を抑えたりするコツ

今回紹介した方法に関しては、小動物用ヒーター以外はどれも身近にあるもので代用可能だと思うので、是非実践してみてください。

その他、モルモットの防寒対策の注意点

今回紹介した防寒対策だけで、モルモットの適した温度が保てるわけではありませんので、飼育されているモルモットの様子を見ながら、エアコンとストーブ等を利用し部屋全体の温度を保ちましょう。

おわりに

エアコンやストーブで部屋を暖められないときは、ぜひともお試しください!

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。