\ フォローしてね /

雪を美しく撮影するには?雪景色の写真の撮り方とポイント

雪をキレイに撮る方法とは

雪が降った特別な日は、その美しい風景を写真に撮ったり画像を誰かに見てもらいたいですよね。特に雪まつりなどの撮影スポットに出会ったら、たくさん撮影して楽しみたいところです。

しかし「降っている雪がうまく写らない」「雪だるまや人物などを含めた雪景色がキレイに撮影できない」といった声もあるようです。

ここでは、雪を美しく撮影するための方法や、写真の撮り方とポイントをご紹介します。

露出補正をプラスに!

雪をキレイに写すときのコツの1つは「露出補正」です。曇りの日であっても、雪が明るいため、オートのまま撮影すると全体的に暗く写ってしまいがちです。

これを防ぐためには、露出補正をプラスにするのがポイントです。そうすることで、雪が白く美しく写りますよ!露出補正は、プラス0.5~2.0の間で細かく調整してみましょう。

露出補正する前の写真イメージ

青天の雪景色です。そのままでもきれいですが・・・。

露出補正をプラスにした写真イメージ

露出補正を+1まで上げるとより雪の白さが際立つ写真になりました!

曇りの日はプラス1.0前後、快晴の日はプラス2.0前後を目安にしてみてください。

ホワイトバランス(WB)の設定

カメラのホワイトバランスを「オート」にすると、見た目の印象と似た色に調整してくれますので、初心者の方は「オート」に設定するのが1番簡単です。しかし、どうせだったらキレイな雪が撮りたいですよね!

そんな時は、ホワイトバランスを「曇天」にしてみましょう。また、青みがかった雪を表現したい場合は、ホワイトバランスを「晴天」モードに設定すると、寒い・冷たい、幻想的なイメージを表現できますよ。

ホワイトバランス「曇り」の写真イメージ

快晴のゲレンデは、「曇り」モードではちょっと黄みの強い写真になりました。日焼けした味のある印象です。

ホワイトバランス「晴れの日」の写真イメージ

「晴れの日」モードでは青みが増しました!快晴でキレイです。

カメラによって、オートモードの名称には違いがあります。撮影したいイメージによって、色々モードを変えてみてくださいね!

フラッシュ(ストロボ)

フラッシュ(ストロボ)の調整もポイントの1つです。快晴の日は、雪に光が反射して、逆光でなくても暗く写ってしまいがちです。また、フードなどをかぶったりしていると、人物を写すときは顔が暗くなる場合もあります。

そんな時は、フラッシュを強制発光してみましょう!人の表情を明るく撮影することができますよ。

フラッシュを使用しなかった写真イメージ

明るすぎて顔が暗くなってしまいました。

フラッシュを使用したときの写真イメージ

強制フラッシュで、正面から補助光を当てると顔色が明るくなりましたね。

露出補正を少しプラスしながら、フラッシュを強制発光することでより明るく撮影できますよ。

降る雪をキレイに写すには?

「ハラハラと降る雪がキレイ!でもいざシャッターを切ってみたら写っていなかった・・・」ということはありませんか?これは、雪が落下する速度が速くて、シャッターが追い付いていないためなのです。

これを解消するには、「シャッタースピード優先モード」を使用しましょう!この場合、「暗いレンズ」で撮影すると真っ暗な写真になってしまいますので、「明るいレンズ」で撮影するのがポイントです!

左がシャッタースピード優先で撮影した雪です。右の画像と比べて、雪の粒がはっきり写っていますね!

ホワイトバランスは、太陽光モードがおススメです。

カメラが壊れないように雪対策しよう!

雪の撮影で注意したいのは、カメラの雪対策です。防水カメラでもレンズなどに水滴がつくと、撮影に影響してしまいます。カメラの防水対策はしっかりしておきましょう。

カメラの雪対策方法

筒状にしたビニールに、デジタルカメラごと腕を入れて撮影するのが簡単です。スーパーなどに置かれている薄い透明なビニールでも、穴を開ければ利用できますよ。

しかし、とっても大切なデジカメを使っている方は、しっかりした防水プロテクターやケース、ジャケットを使用したほうがよさそうです。雪が降っていても安心して撮影できますよ。

風が強くなければ、屋根があるところが一番安心ですね!

カメラ使用後の対策

撮影が終わったら、必ずカメラをよく乾かしておきましょう。しっかり湿気をとってからケースに入れてくださいね。

雪の撮影は意外に簡単!まずは安全にこだわろう

雪景色の撮影をしに行くときは、上着はもちろん靴まで気を配って、防水・防寒対策をしっかりしましょうね。また、傘も丈夫なものがいいです。

安全面には十分気をつけて、素敵な雪景色を撮影してみてくださいね!

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。