\ フォローしてね /

蒸し焼き白菜が決め手!我が家の「ジューシー白菜餃子」の作り方

今回は我が家の定番、「ジューシー白菜餃子」の作り方を紹介します。

蒸し焼きにした白菜を使うことで自然の甘みとジューシーさが出ますよ。

材料(40個分)

  • 餃子の皮・・・40枚

フィリングの材料

  • 豚挽き肉・・・200グラム
  • 白菜・・・300グラム
  • ニラ・・・50グラム
  • おろしにんにく・・・絞り出し5cm
  • おろし生姜・・・絞り出し3cm
  • しょう油・・・大さじ1
  • オイスターソース・・・大さじ1
  • 酒・・・大さじ1
  • ごま油・・・大さじ1

作り方(調理時間:30分)

STEP1:白菜を蒸し焼きにする

白菜を洗い、水滴が付いたままフライパンに入れます。蓋をして強火~中火で4~5分蒸し焼きにします。白菜がしんなりしてきたら大丈夫です。

STEP2:白菜を切り、水気を絞る

白菜の粗熱が取れたら、縦に切込みを入れます。

さらに後5mm幅のざく切りにします。その後、水気を手で絞ります

STEP3:ニラを切る

ニラは5mm幅に切ります。

STEP4:フィリングの材料を混ぜ合わせる

ボウルにフィリングの材料を全部入れます。

粘りが出るまで手でしっかり混ぜ合わせます。

STEP5:包む

餃子の皮の手前側に水を塗り、中央にフィリングをのせます。

ひだを作りながら包みます。

STEP6:焼く

熱したフライパンに大さじ1の油を入れ、餃子を並べます。すぐに100ccの水を回し入れます。

STEP7:蓋をして蒸し焼きにする

蓋をして強火~中火で約5分蒸し焼きにします。水分が完全になくなり底面がこんがりしてきたら大丈夫です。

STEP8:完成

あつあつをどうぞ。酢醤油とラー油でお召し上がりください。

作り方のコツ・注意点

白菜の水気を絞る時、しっかり絞ることが大切です。でも、ちょっぴりだけ水気が残るぐらいにとどめておくと、ジューシーさにつながりますよ。何度か試してみて、いい水気の残り具合を調整してみてください。

筆者は毎回40個くらい作って、1/3は焼く前の状態で弁当用に冷凍しておきます。凍ったままフライパンで同様に美味しく焼けますよ。

今回も実際に焼いたのは29個です。大量に焼く時は、ホットプレートを使用しています。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。