\ フォローしてね /

缶詰が丼に変身!?秋刀魚の缶詰で卵とじ丼を作る方法

缶詰はそのまま食べても十分美味しいですが、具材を合わせて作るなど、ひと手間加えるとボリュームが出て、より一層美味しくいただけます。また、見た目が華やかで食欲も出ますよ。

今回は、秋刀魚の缶詰を利用した丼レシピをご紹介します。

材料(2人分)

  • 白いご飯…茶碗2杯分
  • さんまの蒲焼缶詰…1缶
  • 玉ねぎ…1/2個
  • エリンギ…1本
  • 卵…1個
  • 小葱…1本
  • (A)水…250cc
  • (A)顆粒だし…小さじ1/2
  • (A)砂糖…大さじ1
  • (A)醤油…大さじ2
  • (A)みりん…大さじ1

作り方(調理時間:10分)

STEP1:具材を切る

玉ねぎは千切りにします。

エリンギは縦5mm幅の薄切りにし、次に5mm幅の細切りにします。

STEP2:煮る

鍋に(A)の調味料を入れ、中火にかけます。30秒くらいで沸騰してきたら、玉ねぎとエリンギを加えます。

玉ねぎとエリンギを加えたら、中火で1分くらい煮込みます。

STEP3:缶詰を加える

開けた缶詰をSTEP2の上にのせます。

缶詰の中の汁も全部加え、中火で2分くらい煮込みましょう。

STEP4:卵を加える

STEP3に溶いた卵を回し入れ、中火で1分くらい煮込み、火を止めます。

STEP5:完成!

お好みの器にご飯を盛り、STEP4をたっぷりかけます。完成です!

作り方のコツ

缶詰はしっかり火を通す必要はありませんので、卵を加えた後はサッと仕上げましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。