\ フォローしてね /

値段の秘密からお客さんとの恋愛まで…美容師がこっそり教える“気になる美容院の裏話”

かなり頻繁に行くのに、あまり内側を知らない美容院。なかなか美容師さんにも裏事情は聞けませんよね。でも、おしゃれな業界の裏側を知りたい!と思ったことがある方も多いのではないでしょうか。

ここでは、業界人しか知らないような情報を、美容業界で長年働いている筆者があんな事からこんな事までお教えしちゃいます!

どうして月・火曜休みのサロンが多いの?

火曜休みが多いのは関東圏だけで、全国的には月曜休みが多いと言われています。なぜ月曜が休みなのかというと、戦前の電力事情が影響しているという説が有力です。

昔はパーマをかけるのに多くの電力が必要で、電力会社等の負担を軽減する為、電力をたくさん使う日曜日の次の日を定休としたのだそうです。

昔はロッドに電極をつないで加熱するやり方でした。熱の加減が難しく、たびたび髪が焦げてしまったそうです。

安い料金のお店って、なんであんなに安いの?

街を歩いていると、カット1000円やカラー2000円などのサロンを見かけますよね。ああいったサロンはどうしてあそこまで値下げできるのでしょうか?実は大体のサロンに共通する理由があります。

材料を一度に大量に仕入れて、材料費を安く済ませる

薬剤のディーラーによっては、大量仕入れで値引きするところもあります。格安サロンはそういう業者をうまく使っています。

薬剤のクオリティにこだわらない

薬剤のクオリティはピンからキリまであります。格安サロンでは割とリーズナブルな中~下くらいの価格帯の薬剤を使っています。

人件費を削っている

正社員のスタッフは交通費やその他の手当がつきますが、格安店の美容師はほとんどがアルバイトかパートです。ですので、シンプルに時給や歩合だけのお給料です。

シャンプー台などの設備にお金を掛けない

これはカット専門店に言えることですが、シャンプー台を無くすとカット用のスペースが確保でき、水道代も掛かりません。

集客の必要が無い

格安サロンはよっぽど不便な場所にない限り、放っておいてもお客さんが来ます。ですので集客コストがさほど掛かりません。その他の値下げは、各々の企業努力によるものです。

ちなみに格安サロンにも、腕の良い技術者はたくさんいます。

入社してからどれ位で技術者デビューするの?

細かい違いはサロンによってありますが、大きく分けてシャンプー、ブロー、カラー塗布、ワインディング(パーマを巻く)、カット、セットの技術を習得してからデビューします。デビューまでは2~4年掛かります。

器用な人や、練習熱心な人はデビューが早いです。

モデルハントはなぜするの?

人が多い場所には、必ずと言っていいほどモデルハント、つまりモデルさんのハンティングをしている美容師がいます。彼らは、マネキンでの練習をクリアして、入客するシュミレーションとしてモデルで練習しています。

大体のお店では50~100人というノルマがあるので、あんなに必死なのです。ちなみに撮影用にモデルハントする事もあります。

美容師さんは、どれ位のペースでヘアスタイルを変えるの?

いつでもカットし放題、カラーし放題というイメージの美容師。アシスタントはひと月も経たずにスタイルチェンジする人もいますが、だいたいはひと月に1度ペースです。

美容師がしているヘアスタイルを希望する人も多いので、こまめなお手入れは欠かせません。

お客さんとの恋愛はあるの?

これはみなさんが最も気になる事だと思います。実はお客さんやモデルさんと恋愛する美容師はとても多いです。特にモデルハントしている美容師はその確率が高いです。

美容師は夜まで練習したりしているので、あまり出会いがありません。ですので、できれば職場で見つけたいという人が多いのです。

手当たり次第声を掛けているわけではありませんので、安心してくださいね。

サロンの裏側には人知れない努力が

「こんなに努力してデビューしてるんだ」「こんなに工夫して経営してるんだ」という発見はあったでしょうか?いつも楽しくおしゃべりしている美容師さんも、意外な苦労をしているんですね。

裏側が見えると、サロンに行くのがますます楽しくなりますよ!

(image by 足成 1 2 3 4)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。