1. 料理
    2. 野菜たっぷりでヘルシー!サバ缶を使った焼き餃子の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    野菜たっぷりでヘルシー!サバ缶を使った焼き餃子の作り方

    サバの水煮の缶詰を使って、餃子を作りました。

    野菜とサバだけを使っているので、とってもヘルシーに焼きあがりました。

    材料(20個分)

    • サバの水煮缶…1缶
    • 長ネギ…5cm
    • 水菜…1束
    • 白菜の葉…1枚
    • サラダ油(焼くときに使う用)…大さじ1
    • 焼く時に使う水…大さじ2
    • (A)塩コショウ…少々
    • (A)醤油…大さじ1
    • (A)ゴマ油…小さじ1
    • (A)チューブの生姜…1cm
    • (A)オイスターソース…小さじ1

    作り方(調理時間:40分)

    STEP1:野菜を切る

    長ネギ、水菜、白菜はみじん切りにし、ボウルに入れます。

    STEP2:サバ缶を加える

    STEP1に缶詰の水気を切ったサバを全部加えます。

    STEP3:混ぜる

    STEP2に(A)の調味料を加え、全体を混ぜましょう。

    STEP4:包む

    STEP3のタネを餃子の皮で包みましょう。

    端からひだを寄せるように包みます。

    STEP5:焼く

    フライパンに油を入れ熱したら餃子を並べ、中火で1分くらい焼きます。

    1分ほどしたら水を回し入れ、フタをして蒸し焼きにします。中火のまま、2分ほど焼きましょう。

    STEP6:完成!

    出来上がったら、器に盛り付けて完成です!

    作り方のコツ

    出来上がった具材を包むとき、若干汁っぽくなると思いますので、皮が破けないように注意してください。

    ぜひお試しくださいませ。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人