1. 料理
    2. 簡単!とろろ鍋の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    簡単!とろろ鍋の作り方

    寒い季節、山芋や長芋は冬の食材として店頭に多く並んでいますよね。お好み焼きに入れたり、麦とろごはんで食べたりなどありますが、意外に他の調理法を知らない方も多いはずです。

    今回は山芋・長芋を使ったとろろ鍋の作り方をご紹介します。

    用意するもの(4~6人分)

    スープ

    • 山芋または長芋・・・200g~300g
    • 味噌・・・180g
    • カツオだし・・・900cc
    • 白ごまペースト・・・大さじ4
    • ニンニク・・・小さじ1
    • おろし生姜・・・小さじ1
    ダシが自宅で足りない場合には、水900ccに粉末のだしのもと大さじ1杯を入れて代用してください。

    具材

    • みず菜
    • 白菜
    • しめじ
    • 人参
    • にら
    • 油揚げ

    季節のお野菜をお好みでご用意ください。

    作り方(調理時間15分)

    STEP1:長芋・山芋をする

    長芋または山芋をすって、別の容器に移しておきます。

    STEP2:野菜の下準備

    4~6人前の土鍋を用意しその中に季節のお野菜をお好みで入れます。野菜は5cm程の長さに揃えカットし、白菜や人参などは千切りにします。

    野菜は大きさや長さをそろえた方がとろろと絡みやすく、食べやすいでしょう。

    STEP3:スープを作る

    自宅で作るお味噌汁よりも少し濃いめで作ります。鍋に水900ccを入れて市販のダシ大さじ1を入れ弱火でかき回し、ダシがとけたら味噌をときます。

    ここでの出汁はカツオだしですが、粉末のだしで作ったものでもかまいません。

    STEP4:スープを合わせる

    スープに白ごまペースト大さじ4杯を入れます。こちらもお好みで、量を増やしてもいいでしょう。最後にニンニク・生姜も合わせて下さい。

    ごまペーストは必ず別のボールに入れて、スープで少しずつのばしてからから鍋の中に入れてください。直接入れてしまうと分離してしまいます。

    STEP5:仕上げ

    野菜が入った土鍋の中にスープを注ぎ、火にかけます。強火で約5分沸いたら火を止めて、すったとろろを上にのせフタをして少し蒸らして下さい。

    ここではかき回さず、そのまま約3分程待ってから出来上がりです。

    蒸らす事で、とろろがふっくらと仕上がります。召し上がる際も、かき回さずに野菜と絡めながら召し上がって頂くと、より一層、野菜達がとろろの味を引き出してくれます。

    STEP6:完成

    これで完成です。

    作り方のコツ・注意点

    とろろの味を引き出す為、今回は動物性の食品は使いませんでしたが、お好みでお好きなお肉を入れて頂くのも良いかと思います。

    沸いた際にアクがとろろに移らないように、軽く湯煎に通す事をオススメ致します。

    おわりに

    味はまろやかですが、ごまペーストが入っているのでコクがあり、存分に野菜を楽しめます。たくさんの野菜と、とろろパワーで寒い冬を乗り切りましょう!

    ぜひ参考にして下さい。

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人