\ フォローしてね /

ご飯がすすむ常備菜!沖縄料理「にんじんしりしり」のつくり方

もともとは沖縄の家庭料理である「にんじんしりしり」。我が家ではにんじんを買ったときに作ることが多く、作り置きをしてお弁当のおかずにしたりすることが多いです。野菜をたっぷり食べられる「にんじんしりしり」の作り方を紹介します。
nanapi
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapinanapi
  • 沖縄料理

    沖縄でよく食べられている家庭料理

  • にんじん嫌いでも

    にんじんの臭みが消えて甘味が引き出されるので食べやすい

  • 常備菜にぴったり

    ご飯がすすむ野菜のおかず。冷蔵で4日保存OK!

材料(2人分)

  • にんじん:2本
  • 卵:2個
  • ツナ缶:1缶80g
  • オリーブオイル:大さじ1
  • めんつゆ(2倍濃縮):大さじ2
  • 水:50ml
にんじんが苦手でも食べやすい
にんじんを油でしっかり炒めることで、独特の臭みが消えて甘みがぐっと引き出されます。このレシピでは、にんじんが苦手なお子さんでもさらに食べやすいように、ツナと卵を追加しました。

作り方(調理時間:15分)

1にんじんを切る

にんじんをスライサーで千切りかツマ切りにします。

包丁で切ってもOKですが、時短できるのでスライサーが便利です。

卵は溶いておきます。

2にんじんを炒める

フライパンにオリーブ油をひき、そこでにんじんを炒めます。

焦げないように混ぜながら中火で5分。しんなりするまで加熱します。

3ツナ缶を入れる

ツナ缶と水、めんつゆを入れて全体を軽く混ぜます。中火で2分加熱します。

4卵を入れて加熱する

にんじんを片方に寄せて、あいているところに卵液を注ぎます。中火でそのまま加熱します。

にんじんと混ざっても気にしない
1つのフライパン内で卵も焼いてしまいます。にんじんと少々混ざっても気にしないのがポイントです。

5卵を半熟にしてからにんじんと混ぜる

卵を混ぜていると固まってくるので、半熟になったらにんじんと混ぜます。

火力は中火のままで。卵は焦げないように混ぜて半熟にします。

6完成!

卵がいり卵になって固まったら完成です。

常備菜にもおすすめ

1つのフライパンでぱぱっと作ることができる「にんじんしりしり」。タッパーに入れて冷蔵庫で4日程度なら保存ができるので、常備菜として楽しむことができます。

お弁当のおかずにもぴったりで彩りもいいので、ぜひ挑戦してみてください!

みんなの感想

Twitter「モーメント」機能で、このレシピをつくってみた人たちの感想や参考になる情報をまとめました。

このライフレシピを書いた人

Twitterで紹介!

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。