\ フォローしてね /

1人旅でも満喫!名古屋市内巡りの体験談

筆者は神奈川県在住ですが、友人に会いに名古屋に行き、そのついでに観光ということで名古屋市内の色々な場所に行ったり名古屋ならではのグルメを堪能しましたので、ご紹介します。

トップ写真は名古屋駅から撮影したものです。

筆者が経験した愛知旅行の概要

  • 旅行時期:2013年7月
  • 旅行日程:1泊2日
  • 誰と行ったか:1人旅
  • 移動手段:電車
  • 訪れたエリア:名古屋市内

訪れた観光地

ノリタケの森

最初に「ノリタケの森」をご紹介します。

楽天トラベルで名古屋市内の観光スポットを探していたところランキングで上位に入っていたことと、オシャレな気分を味わってみたかったので、こちらに行ってみました。

地下鉄東山線亀島駅から徒歩5分ですが、JR名古屋駅からも徒歩15分で行けます。筆者は歩いていきましたが、それほど苦ではありませんでした。

写真の通り、まず外観は自然を感じられ、オープンテラスのようになっていてとても新鮮な気分を味わえました。

施設内に入ると、ガラス製の陶器等で有名な株式会社ノリタケカンパニーリミテドの作品、商品が数多く飾られており、鑑賞のみの展示品もあれば、お値段がついているものもありました。

ちなみにお値段はどれもかなり高価で数万円、数十万円クラスのものもありました。

建物(施設)はいくつかあり、技術的な部分の解説が行われている展示コーナー(入場料500円)や、展示品ではない一般的な食器(ノリタケ製品)が沢山販売されているショッピングコーナー、カフェなどもありました。

一部の展示コーナー以外は無料で入場できます。

見学だけするも良し、ノリタケ製品を買うも良しで、とてもオシャレな気分に浸れるスポットですので、是非足を運んでみて下さい。

名古屋城

続いて、名古屋城をご紹介します。

筆者は歴史的な建物も好きなので、全国の色々な○○城に行ってみたいと思い、足を運んでみました。

名城線 「市役所」 駅から徒歩5分です。名古屋駅から市営東山線(藤が丘方面)で栄駅まで行き、さらに名城線右回りで2駅行くと「市役所」駅です。

入場料は500円です。展示物は、昔の名古屋の城下町を再現した模型は精密で大きく、迫力がありました。

また、昔の人の生活していた場を再現したエリアもあり、見て歩くだけでもタイムスリップした気分を味わうことができました。

名古屋城ならではの目玉として金鯱にまたがって写真を撮られる方が目立ちました。筆者は残念ながら1人旅だったため、その写真撮影はお預けとなりましたが…。

歴史好きの方に、特にオススメのスポットです。

名古屋名物!味噌カツとあんかけスパゲティ

最後に、筆者がいただいた名古屋グルメをご紹介します。

味噌カツ

まずは、名古屋の定番中の定番、味噌カツです。こちらは、先ほどご紹介した名古屋城の敷地内の飲食店でいただいたものです。

お値段はうどんとセットで800円程だったかと思います。ソースをかけたとんかつとはひと味違った美味しさが味わえ、オススメです。

あんかけスパゲティ

もう一つご紹介したいのが、こちらのあんかけスパゲティです。

これもまた名古屋名物の一つです。

筆者が行ったのは、名古屋駅から徒歩10分の名鉄レジャックというビルの3Fにある、「あんかけ亭」というお店です。

ランチタイムの平均のお値段は800円程のようです。

まさにB級グルメといった感じで、豪快に具材がトッピングしてあり、ボリューム満点のパスタです。

普段のパスタでは味わえない、B級グルメならではのがっついて食べる感じがとても良かったです。

旅行の良かったところ・イマイチだったところ

良かったところ

観光都市というよりも経済都市のイメージの強い名古屋でも、自然や歴史を感じられるスポット、安くて気軽に食べられるグルメが数多くあったことを認識でき、1人旅だけでなく、家族・友人との旅行にもオススメできると分かりました。

イマイチだったところ

列車の一日乗車券のようなものがあれば良かったのですが、名鉄全列車に乗り放題の切符が大人3000円と高かったので、利用しませんでした。

もう少し安くてある程度の範囲を散策できるパスがあれば良いなと思いました。

これから愛知旅行に行く方へアドバイス

名古屋城についてですが、敷地に入ってから入場料を払う窓口までは結構距離があり、10分程かかりましたので、そのつもりでいた方が良いと思います。

おわりに

名古屋市内、あるいは愛知県内にはまだまだ数多くの見所があるはずですが、ほんの一部をご紹介させていただきました。また、愛知県に行った際には行かなかった所にも行ってみたいと思います。お読みいただきありがとうございました。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。