\ フォローしてね /

【はじめてのベランダ菜園】支柱立てと誘引でトマトを美味しく育てるコツ

真っ赤で栄養豊富なトマトは、料理やお弁当を美しく彩るのに欠かせない野菜。サラダやジュース、煮込み料理や炒め料理など、どんなレシピに入れてもOKな美味しさが魅力です。育てやすくコストパフォーマンスもよいので、毎日の食卓に並べたい方にはベランダ菜園がぴったりですね。

トマトの基本情報

和名 トマト
科名 ナス科
栽培難易度 ふつう
収穫までの期間 約60日
主な病害虫 アブラムシ、オオタバコガ、ハモグリバエ、うどんこ病、葉かび病

ベランダでトマトを育ててみたい!という方のために、トマト菜園に欠かせない支柱立てと誘引の方法をご紹介します。

本記事は、アース製薬の企画協力のもとに、2014年にnanapi編集部が執筆したものです。

どうして支柱立てが必要なの?

支柱立てとは?

支柱立てとは、植物が支柱に沿って真っ直ぐ成長できるように、紐などで支柱と茎や葉を固定することを言います。背の高い野菜は風が吹くだけで茎が折れてしまう、なんてこともあるので、実のなる野菜は特にしっかり支えてあげる必要があります。

トマトは、縦によく成長し、また実も大きくなるため、支柱を立てないと実の重さで植物自体が倒れてしまうことがあるので、支柱立ては必須と言えるでしょう。

支柱の利点

支柱を立てるメリットは、以下のように、大きく分けて3つあります。

  • 1.害虫被害が減る:株間にある程度の距離ができて密生しなくなるため、害虫の発生が少なくなり、更に、害虫や病気の予防・対策もしやすくなる
  • 2.植物への日当たりがよくなる:葉や茎にまんべんなく光が当たり、植物の光合成を促すことができる
  • 3.収穫が簡単:葉や枝に邪魔されず、楽に収穫できる

支柱を立てるときのポイント

支柱を立てる際に根を傷つける恐れがあるため、支柱は植えつけ前もしくは植え付け直後に立てます。カラー鋼管や竹で行い、太さは16~20㎜で長さは2m位のものが適当です。

差し込む際は支柱を安定させるためにも、プランター・鉢底に付く深さまで、しっかりと差し込みましょう。

それでも支柱がグラグラしたり倒れてしまいそうな時は、支柱ホルダー付のプランターを用いることをオススメします。

交差式の支柱の組み方

支柱の立て方には「合掌式」や「ハウス式」などがありますが、ここでは背の高い野菜に最適で、組み方が簡単な「交差式」をご紹介します。

STEP1:土に支柱を立てる

植えつけた苗の両端、また、根元から10㎝ほど離した位置に支柱を差します。

STEP2:支柱を交差させる

数本立て終わったら、まだ立てていない支柱を横に向け、既に立てている支柱と交差させて、交差した部分をテープでしっかりと結びます。

これを、幅を均等にしながら上下に取り付け、支柱全体がマス目状になるように2回繰り返せば完成です。

支柱はまっすぐ差すのがコツです。

苗をやさしく誘引しよう

茎の誘引ポイント

誘引とは、植物の茎やつるを支柱に結び付けて、形を整えることです。トマトの場合は茎がまっすぐに育つよう、縦に誘引します。

植え付け後は、すぐに支柱と苗を結んで固定します。週1回程度、状態を確認して結び直しましょう。

行う際は、一番下をヒモで結び、その上からカラータイ、ヒモなどで軽く押さえます。茎がすくすくと太れるように、ゆとりを持たせて8の字に縛ります。花房が外側に出るように、ひねりながら誘引するのがコツです。

誘引の良い例と悪い例

支柱と植物を結ぶ時は、紐を8の字にします。トマトが大きくなることを踏まえ、結ぶ輪は大きめに作ってあげましょう。隙間を作らず固定してしまうと、紐が生長した茎に食い込み、植物の成長を妨げてしまいます。

きつめに結ばず、茎と支柱の間に隙間を作るような感覚で誘引しましょう。

おわりに

支柱立てと誘引のコツをご紹介しました。トマトの成長を促し、苗を丈夫に育てるため、誘引はこまめに行うように心がけましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。