\ フォローしてね /

【はじめてのベランダ菜園】美味しい実は厳選から!トマトの摘心と摘果の方法

真っ赤で栄養豊富なトマトは、料理やお弁当を美しく彩るのに欠かせない野菜。サラダやジュース、煮込み料理や炒め料理など、どんなレシピに入れてもOKな美味しさが魅力です。育てやすくコストパフォーマンスもよいので、毎日の食卓に並べたい方にはベランダ菜園がぴったりですね。

トマトの基本情報

和名 トマト
科名 ナス科
栽培難易度 ふつう
収穫までの期間 約60日
主な病害虫 アブラムシ、オオタバコガ、ハモグリバエ、うどんこ病、葉かび病

ベランダでトマトを育ててみたい!という方のために、摘心と摘果をしてトマトを美味しく育てる方法を詳しくご紹介します。

本記事は、アース製薬の企画協力のもとに、2014年にnanapi編集部が執筆したものです。

トマトの「摘心」をする方法

トマトが背高く伸び、支柱の先端に届くぐらいになったら、「摘心」といって茎の先端を摘み取る作業をする必要があります。トマトは苗の下の方から花房が付いていくので、茎が伸びすぎないよう茎葉の生長を止めることで実の生長を促すのです。

主枝の摘心は収穫終了予定日の50~60日前、1番上の葉2~3枚を残して頂上の茎が太くならないうちに行います。

余計なウイルスの感染を防ぐため、ハサミではなく手で摘み取るようにしましょう。

トマトの「摘果」をする方法

どうして摘果するの?

成熟前の果実を選別して摘み取る作業「摘果(てきか)」と言います。摘果後に残る果実には摘果前より多くの栄養が行き渡るので、成熟した大きな果実を育てることができます。

もし摘果を行わないと、実が大きく育たなかったり、他の花房に栄養が行き渡らず、花が落ちて実がつかなくなったりしてしまいます。

大玉トマトを育てるときは、栄養が分散しないよう摘果を行い、必要以上に果実をつけさせないようにすることがポイントです。

摘果の方法

1花房あたり、状態の良い2~3個程度を残すことを目安にして、他のトマトを摘み取ります。

大玉トマトは、多くの場合下段にできた初期の果実に奇形果が出やすい傾向があるので、摘果の際にそのような形の良くない悪玉を優先的に選んで摘み取るようにしましょう。

おわりに

美味しいトマトを育てるための「摘心」「摘果」のコツをご紹介しました。
茎や実の量を増やすのではなく、適量にしておくことで大きくておいしいトマトの収穫につながるのです。

いずれも茎が太くならないうちに、晴天の日を選んで作業すれば、疫病などの病気を防ぐことができます。ぜひ挑戦してみてくださいね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。