\ フォローしてね /

【はじめてのベランダ菜園】梅雨の時期にご用心!トマトを病気から守るポイント

真っ赤で栄養豊富なトマトは、料理やお弁当を美しく彩るのに欠かせない野菜。サラダやジュース、煮込み料理や炒め料理など、どんなレシピに入れてもOKな美味しさが魅力です。育てやすくコストパフォーマンスもよいので、毎日の食卓に並べたい方にはベランダ菜園がぴったりですね。

ULE:本記事は、アース製薬のご協力により、2014年に執筆されたものです。

トマトの基本情報

トマトの基本情報

和名 トマト
科名 ナス科
栽培難易度 ふつう
収穫までの期間 約60日
主な病害虫 アブラムシ、オオタバコガ、ハモグリバエ、うどんこ病、葉かび病

ベランダでトマトを育ててみたい!という方のために、トマトを病気から守るポイントを詳しくご紹介します。

トマトがかかる病気の種類

トマトは梅雨時期になると、どうしても病気にかかりやすくなってしまいますが、しっかり病気を把握して対処すれば大丈夫です。

また、大雨と日照りが繰り返されると、湿度・温度の差が原因で穴があいたり割れてしまう「穴あき」や「尻割れ」が起こります。これらは病気ではないので、薬剤をかけても防げません。

穴あきや尻割れを防ぐためには、「雨よけ」や「日よけ」でトマトを守るようにします。

うどん粉病

葉に斑点ができ、白っぽいカビのようなものが生え、やがて枯れます。うどん粉病は気温が高く湿度が低い環境(4~10月に多い)で、温度が17~25℃ぐらいのときに発生しやすくなります。真夏・真冬は自然治癒してしまいます。

青枯病(あおがれびょう)

青枯病は、根に付いた傷から菌が入って、株全体が青い葉のまま数日後に立ち枯れてしまう病気です。土から伝染する土壌伝染病で、土中の水分が過剰になると発病しやすくなります。根が傷むとさらに発病しやすくなります。

地温が20℃を超えると発病し始め、25~37℃で症状はさらに激しくなります。

トマト褐色腐敗病

病気が進行するとヘタの部分が茶褐色になります。さらに進行すると実が褐色になり腐ってきて、やがて灰色のカビに覆われます。

尻腐れ症

尻腐れ症は果実のおしりの部分が黒くなって腐ってしまう症状のことです。これは株の病気ではなく、カルシウムが不足したときなどに発生します。

病気の治療法

うどん粉病対策

うどん粉病の治療はさほど難しくないとされていますが、放っておくと被害がどんどん大きくなります。

症状が軽い場合は感染した葉だけちぎって様子を見ます。症状が広がる場合は、木酢液や酢を水で薄めたもの、重曹などを1週間おきに散布します。それでも被害が消えない場合は、葉が全部枯れる恐れがあるので薬剤を使用する必要があります。

他の株を守るためにも殺菌剤などを散布して防除しましょう。また、枯れ葉についた胞子で広がる可能性もあるので、ちぎった葉は必ず破棄することが重要です。

青枯病対策

青枯病が一度全面的に発生すると、治癒が難しく、株を処分したら土壌消毒で病菌を完全殺菌するか、5年以上の間隔をとるなどの対策が必要になります。

基本的に、根が傷まないよう、地中の水分の急激な変化、過湿、過乾燥に注意して育てることが第一条件になります。根を傷めるセンチュウのような害虫の対策もしておきましょう。

トマト褐色腐敗病対策

感染した場合は、枯れた部分にも病原菌が残っているので、なるべく枯れた部分を除き、殺菌剤で消毒します。

水のやり過ぎには注意し、なるべく風通しを良くしておきましょう。病原菌は害虫の食害跡や、窒素過多により軟弱に育った植物組織などから侵入するので、害虫防除、肥料の管理を適切に行えば予防できますよ。

尻腐れ症対策

尻腐れ症が発症して腐ったトマトの実は元に戻りませんが、株自体には問題ありません。

予防法としては、「植え付け前に腐葉土などの有機質を土に加え、カルシウムを多く含む肥料を与えておく」、「多湿にならないよう水はけを良くしておく」などがあります。

発症した場合は、カルシウムを多く含んだ追肥をして、しばらく様子を見ましょう。カルシウムを含む追肥の種類は以下です。

  • 土に施すタイプ:「苦土石灰(くどせっかい)」という肥料
  • 葉面に散布するタイプ:「石膏(せっこう=硫酸カルシウム)」を原料とした、即効性のある肥料
窒素肥料が多いと、茎葉が繁りすぎて風通しが悪くなり、着果不良や尻腐れ症などの生理障害の原因にもなるので注意します。

薬剤の取り扱い注意点

薬剤は体調の良い日に使うようにし、使用量を守り、直接触らないよう手袋をするようにしましょう。また、風の強い日は避け、使用した道具は洗浄してから片づけると、違う薬剤と混ざることがなく安心です。

薬剤を廃棄する場合は、パッケージの注意書きを守りましょう。水で薄めて使用する薬剤などの場合、作り過ぎないように注意するのが一番ですが、もし薬剤が余った場合は下水などに流さないようにして下さい。

薬剤は、取扱い説明をよく読み、正しく使用しましょう。

おわりに

トマトを病気から守るコツをご紹介しました。しっかり対策して、美味しいトマトを育てたいものですね。ぜひ参考にしてみてください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。